仕事のうまい探し方

興味がある薬剤師さん向け!在宅医療のデメリットを書いてみた!

興味がある薬剤師さん向け.在宅医療のデメリットを書いてみた

こんにちは!

寿五郎です。

 

今回は在宅医療のデメリットについて書いていきます。

在宅は調剤薬局の薬剤師にとって避けては通れないものになりつつあります。

「イメージと違った」とならない為にデメリットを書いておきます。

ミスマッチを防ぐために書いており在宅医療を否定する記事ではありません。

 

 

在宅は忙しくなる可能性がある

 

患者さんとの距離が近い分、忙しくなる可能性があります。

重篤な患者さんの対応で夜間や休日の急遽の対応を求められることもあります。

 

職場によりどこまで対応されるかは違ってきます。

夜間や休日の対応はちょっとという方は会社見学時にしっかりと確認することをお勧めします。

 

 

潔癖だと清潔感が気になる

 

在宅で療養されている患者さんのご自宅に上がることが抵抗あるという方はいらっしゃいます。

潔癖でどうしても厳しいという方は施設在宅をメインにされている薬局に行かれることをお勧めします。

 

 

患者さんとマンツーマンになる

 

居宅(個人宅)の在宅ですと患者さんとマンツーマンになることもあります。

「万が一何かあったら怖い」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

こちらも不安であれば見学時にしっかりと確認するようにしましょう。

 

会社によっては同性の患者さんしか受け持たないように工夫されていたり、

ドライバーさんと一緒に行くようにされている会社もあります。

そういった細かいフォローをしてくれる会社は安心感も増します。

 

 

まとめ

 

在宅医療のデメリットを書いてみました。

在宅はとてもやりがいもあり社会貢献の意味合いも強い業務です。

ミスマッチを防ぐお役に立てれば幸いです。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に。

 

では!