仕事のうまい探し方

知ってた?病院薬剤師は転職サイトに登録しなくても転職出来ます!

病院薬剤師は転職サイトに登録しなくても転職出来ます!

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は病院薬剤師で転職を考えている方向けに

転職サイトに登録すべきかを書いていきます。

 

結論を先に書くと転職サイトに登録しなくても転職活動は出来ます。

ただメリット・デメリットがあるのでそちらも加味してご判断ください。

 

それでは書いていきます。

 

 

病院薬剤師会の求人を見てみる

 

一番お勧めの方法はご希望の勤務地の病院薬剤師会のサイトを見てみることです。

多くのサイトで求人を掲載しています。

ここから求人を見て連絡するのが一番早いです。

 

【参考】

静岡県病院薬剤師会

大阪府病院薬剤師会

 

新潟県病院薬剤師会のように求人の掲載がない都道府県もあります。

その場合は他の方法で探す必要があります。

 

 

直接病院のサイトから問い合わせてみる

 

直接興味がある病院へ連絡してみるのも一つです。

サイトがない病院は電話してみましょう。

その病院のサイトや病院薬剤師会のサイトに載っていなくても応募を受け付けてくれるところもあります。

 

病院の受付の方は患者さん以外の電話を営業だと思う傾向が強いので、

ご自身が薬剤師であることを強調しましょう。

 

 

直接応募するデメリット

 

ご自身でしっかりと確認していく必要があります。

初めての転職であれば、どんな流れになるのか。

内定時、入職前に必要な書類はどういうものになるのかをきちんと理解する必要があります。

 

意外かもしれませんが薬局に比べて病院の方が管理がずさんなことがあります。

入職後に給料が聞いていた金額と違う事はたまにあります。

気を付けましょう。

 

 

転職サイトを使うメリット・デメリット

 

転職サイトを使うメリットは検索機能などが充実していて探しやすいことでしょう。

 

一見求人はたくさんありそうですが、ご自宅から通える病院は薬剤師会のサイトの方が載っているはずです。

募集が終了している求人も載っていることがあることがデメリットです。

 

 

エージェントを使うメリット・デメリット

 

エージェントによりますが、1件1件募集があるかの確認をしてくれるのが大きなメリットです。

ご自身で電話をする時間がない方にとっては代わりに連絡してくれるので助かるはずです。

またご自身では気付くのが難しいリスクを指摘してくれることもあります。

 

デメリットはエージェントを通すと、

応募不可の場合にそれを教えてくれるかはエージェント次第という所です。

これに関してはエージェントの考え方なので確認のしようがありません。

 

 

まとめ

 

病院薬剤師の方は転職サイトに登録しなくても転職活動をすることは十分可能です。

ただしメリット・デメリットもあるのでそれを理解の上、転職活動を行いましょう。

 

では!