仕事のうまい探し方

どうすれば良い?調剤未経験から薬局へ転職するメリットと注意点

どうすれば良い?調剤未経験から薬局へ転職するメリットと注意点

こんにちは!

寿五郎です。

 

今回は調剤未経験から薬局へ転職するメリットを書いていきます。

 

先に結論を書くと、調剤経験を積むことにより

またいつか転職する可能性が出てきた場合に職場が見つけやすくなります。

それでは書いていきます。

 

 

メリットは調剤スキルが身に付くこと

 

調剤スキルが身に付くことが一番のメリットです。

 

もしまた転職する事になった場合、調剤スキルが身に付けば受け入れ先が必然的に増えます。

公的・大学病院以外であれば調剤スキルがあれば受け入れ可能な法人が増えています。

 

調剤未経験の方は受け入れ先がかなり限られてきます。

企業かドラッグストアが候補にあがるのですが、

物流倉庫や医薬品の卸など薬剤師免許の保有者が勤務する必要がある業務はスキルアップが望めません。

 

スキルアップが望めないということは昇給・出世もあまり望めません。

ドラッグストアは調剤併設店が増えている為、調剤未経験の方の受け入れは不可という法人も増えています。

 

 

未経験から調剤薬局へ転職する時の注意すべき点

 

その調剤薬局で勤務することになった際に経験できる科目を確認しましょう。

 

稀に眼科と整形しか受けたことがないという方がいらっしゃいます。

年齢によりますが未経験の科目を多く受けている薬局や病院への転職はハードルが上がります。

薬剤師さんご本人がプレッシャーを感じることもあります。

 

最低限、内科・小児科は経験しておくと

もし転職をすることになった際にそこまでプレッシャーを感じることは無いでしょう。

 

出来れば処方箋の内容や枚数と勤務している薬剤師さんの人数が比例するか確認しましょう。

例えばですが、

重たい処方箋が1日40枚来て薬剤師さんが1名で対応している職場へ転職することになると、

未経験で入社するとあまり教育してもらえないかも知れません。

 

 

まとめ

 

未経験の方が調剤薬局へ転職するメリットと注意点を書いていきました。

お役に立てれば幸いです。

では!