薬剤師のキャリア的に見ると『楽な職場=良い職場』ではない


こんにちは!

寿五郎です。

 

今回は「楽な職場=良い職場」ではないということについて書いていきます。

「楽な職場へ行きたい!」という方も本当にその職場が良いのか再度検討してみてください。

 

楽な職場はあります。

ただそこへいくと今後のキャリアで困ってしまうかもしれません。

ご自身のスキルに自信が持てなくなってしまう方が多いからです。

 

 

楽な職場はある

 

一般的に楽な職場とは基本的に処方箋の枚数も少なく、

また薬剤師の人数も多めという職場です。

 

休みも取れるし残業もほぼないという職場があります。

その結果、どういったことが起きるでしょうか。

 

 

処方箋が楽だとどうなるの?

 

眼科や皮膚科の門前薬局でたまにあるケースです。

チューブの軟膏しかでないなど、

お薬を確認し出すだけという薬局はあります。

 

そういった薬局は楽ですが、もし転職することになった際に困ります。

調剤スキルが落ちていて、ほぼブランクがあるような状態になるからです。

 

再就職が難しくなるかも

 

そうすると再就職する時にご自身が不安を抱かれるようになります。

例えば「総合の門前は難しい」「小児科は嫌」などです。

 

年齢がご高齢で

「これが最後の職場にします」

という方や特別な事情がある方を除き、

あまり若い年齢で楽な処方ばかりの職場で就業されることはお勧めしません。

 

 

薬剤師もそれなりにいる

 

薬剤師がそれなりの人数いる薬局もあります。

そういう薬局は処方箋の内容が普通でも人数が多い分、空き時間が出来ることが多いです。

 

職場によるので断言は出来ませんが、

暇になりすぎて不仲になるケースもあります。

 

どういう方が勤務されているのかをしっかり確認されて、

その職場で勤務できるかも検討しましょう。

 

人数が多ければいいというよりは、

ご自身にその職場が合うかどうかが重要です。

 

 

まとめ

 

「楽な職場=良い職場」

と感じている方も多いかも知れませんが、

長期的に見るとそうとも言い切れません。

 

今後のご自身のキャリアをふまえ、検討してみてください!

 

私もエージェントです。

お気軽にご相談ください!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由