【要チェック】薬剤師が知っておくべき「当直」についての注意点

薬剤師が知っておくべき「当直」についての注意点

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は当直について書いていきます。

病院薬剤師の方が退職される理由のひとつがこの当直(夜勤)です。

年齢とともに肉体的に厳しくなっていきます。

また在宅やドラッグストアでも近い働き方になる可能性があります。

 

それでは書いていきましょう!

 

 

大きな病院では当直がある可能性が高い

 

薬剤師の当直があるかどうかは病院によります。

あくまで私の経験上ですが350床以上の総合病院はある可能性が高いです。

病院によるため、興味がある病院には聞いてみるのがベストです。

 

転職エージェントによっては当直の有無を伝えないところもあるようなので、

見学面接時に病院の人事担当者に直接聞いてみましょう。

 

当直は思っているより大変

 

当直(夜勤)は想像されているより大変だと思います。

病院によるのでこちらも断言できませんが、月2~4日程度の病院が多いです。

 

時間帯も病院により異なりますが、

夕方~明け方までおおよそ12時間くらいの勤務になることが多いです。

 

当直がある病院薬剤師の方の多くが「当直(夜勤)が辛いから辞めます」とお話になります。

若いうちは良いのですが、30代半ば以上になってくると体に響いてきます。

 

夜勤がある病院薬剤師に正規職員で入職する場合、ご自身だけ夜勤なしというのは不可能に近いです。

体力的に持つかどうかはしっかり考えましょう。

 

 

在宅も辛い可能性がある

 

全ての在宅ではないですが、一部の在宅では呼び出しが発生します。

比較的個人在宅に多いですが施設でも可能性はゼロではないです。

 

「ドクターが往診にいった際に処方されその薬を作って届けなくてはいけない。」

という場合に電話がかかってくることがあります。

 

当直のように長時間の対応になるケースは少ないですが

こういった職場では携帯電話の電源を入れたまま自宅で寝ることになります。

心身ともに休まらないという方も多いです。

それらも踏まえて考えましょう。

 

 

今後はドラッグストアでも増えていく可能性はあり

 

断言はできませんが、24時間対応のドラッグストアが増えている影響で

今後はドラッグストアや調剤部門の薬剤師も夜勤が発生する可能性があります。

 

合併などが続いているドラッグストアにおいてどこかの会社が始める可能性もゼロではありません。

「もしかしたら自分の就職するドラッグストアもそういう可能性があるかもしれない。」

と思っておいた方が良いかもしれません。

 

 

まとめ

 

当直(夜勤)について書いていきました。

参考になれば幸いです。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由