誰も教えてくれない情報・テクニック

【真相究明】薬剤師の「きつい職場」は何故生まれてしまうのか?

薬剤師の「きつい職場」は何故生まれてしまうのか

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は薬剤師の業務がきついと思っている方に向けて書いていきます。

要点を先に書いておくと、現在勤務中の方はきつい原因を解決できないか人事の方や社長さんに相談してみましょう。

無理という事であれば転職を視野にいれる必要があります。

それでは書いていきます。

 

 

「きつい」理由は大きく分けて2つ

 

大きく分けて2つの理由が「きつい」を産んでいます。

拘束時間の長さと人間関係です。

そしてその根本にあるのは労働環境です。

 

 

長い拘束時間がきつい

 

通勤時間と残業で疲弊する方は非常に多いです。

先に解決先を書くと、ご自身の自宅から近い職場を選べば防げます。

もしくは入社前に応援・異動の頻度をしっかり確認することです。

 

例えば、通勤時間が片道90分かかるだけで1日3時間。

1日1時間の残業が発生した場合、下記のようになります。

 

9時~19時の勤務であれば、20時に仕事が終わり

そこから1時間30分かけて帰ると家に着くのは21時30分。

翌日9時につくには7時30分には出なくてはならない為、遅くとも7時ころには起きなくては間に合いません。

 

そうなるとご自身の時間がほぼ作れず疲弊していきます。

大手に勤めていて「きつい」と話される方の多くがこちらに近い状況になっています。

 

なぜ拘束時間が長くなるのか

 

店舗展開を積極的に行っている会社に起こりやすいです。

なぜこのような状況になるかというと、多店舗展開と新規出店をしていて

会社全体として薬剤師が足りない為、応援・異動が多く発生するためです。

 

通勤時間が長くなるほど会社側としては融通が利きやすくなるため、

多店舗展開している会社の多くが片道90分以内となります。

転職する際にその法人がどれくらいの店舗展開をしているのかも確認しましょう。

 

 

人間関係がきつい

 

人間関係がきつい職場はあります。

管理職やそこで勤務されている方の人間性が良いとは言えないケースと

忙しい職場で人間関係が悪くなっているケースの2パターンが多いです。

 

そこで働いている方の人間性は見学時にある程度わかります。

ご自身が悩んでいることや転職する理由を話してみた時の反応を見ればわかりやすいです。

 

忙しい職場ですと、職場に対する不満が溜まっていて人間関係が劣悪になっていることがあります。

人員が少ないと休みづらい為、プライベートの充実が難しくなりストレスが溜まりやすくなります。

「有休は取れるのか」「残業はどれくらいあるのか」は質問してみましょう。

忙しくてもオンとオフがはっきりしている職場は人間関係でトラブっていることも少ないです。

 

 

「きつい」の解決方法

 

本来は就職・転職する前に防ぐ必要があります。

見学時にしっかりと労働環境を確認しましょう。

「なんとなく」で就職先を決めるのは止めておきましょう。

転職回数は増えていくほどにマイナスです。

 

職場見学時にどういう雰囲気でスタッフの方が働いているのか。

処方箋の枚数・重さと薬剤師の人数が比例しているのか。

職場の環境(ピッキングマシンの有無)や事務さんの人数の確認も重要です。

 

 

まとめ

 

きつい環境に転職しない方法を書いていきました。

既にきつい状況にいる方は劇的に改善することは少し難しいかもしれません。

 

では!