誰も教えてくれない情報・テクニック

「辛い!辞めたい!」と悩んでいる薬剤師さん向け。解決方法を伝授!

「辛い!辞めたい!」と悩んでいる薬剤師さん向け

 

こんにちは!寿五郎です。

今回は「辛くて辞めたい方向け」に解決策を書いていきます。

 

要点を先に書くと、辞める前に権限がある方に相談してみることです。

店舗が複数ある方は異動させてもらえるかもしれません。

 

体調を壊してまで働くものではないです。

休職をするなりして体調を整えましょう。

 

 

それでは書いていきます。

 

 

人間関係が辛い

 

若い方や反論をされない方が標的になることがあり、

悩まれている方もいらっしゃいます。

 

思い切ってその相手に意見してみることも必要です。

それが厳しければ上司や人事の方にご相談することをお勧めします。

 

上司や人事の方に相談しても

「君にも問題があるのでは?」

と言われる事があるので証拠を集めておく必要があります。

相手とのやり取りを録音しておくのも一つです。

こういったものを集めて交渉すると、退職時に自己都合でなく会社都合になることもあります。

 

 

業務が忙しく辛い

 

コロナ前は多かったのですが今は減っている悩みです。

設備投資や増員されるかどうかを上司に聞いてみましょう。

 

計画がありそれまで我慢できるようであれば、体調を壊さないように勤務するのも一つです。

もしそれらの計画が全くなく体調が不安であれば休職・退職も視野に入れるしかありません。

 

 

遅番、夜勤が辛い

 

病院の方は夜勤(当直)が辛く、ドラッグストアにお勤めの方は遅番の対応が多く厳しいと話されることが多いです。

こちらも上司の方に相談してみることをお勧めします。

 

いつまでに改善されるか具体的な回答がない場合は厳しい状況が予想されます。

耐えられるのであれば継続するのも一つですが、

厳しいようであれば休職・退職も視野に入れるしかありません。

 

 

異動、応援が辛い

 

・異動が多く転居を繰り返している。

・通勤時間が長い店舗へ移動になった。

・色んな店舗に応援に行くことになり疲弊している。

 

これらは大手に勤務されている方からよく聞く悩みです。

こちらも上司の方に相談してみることをお勧めします。

他と同様、具体的な提案が無ければ休職・退職も視野に入れるしかないです。

 

 

まとめ

 

どちらの悩みを解決するには基本的に職場との交渉になります。

もし交渉が難しければ体調を壊す前に休職をするなど整えましょう。

 

では。