仕事のうまい探し方

「のんびり仕事をしたい」という薬剤師さんには厳しい時代が来る!?

「のんびり仕事をしたい」という薬剤師さんには厳しい時代が来る

こんにちは!

寿五郎です。

 

「のんびり自分のペースで働ける職場を紹介してください」

定期的に頂くご相談です。

 

結論を先に書いてしまうと、コロナにより状況が一転しました。

残念ですがマイペースにのんびり働ける職場は今後なくなっていく可能性が高いです。

多くの法人が生き残りをかけて積極的に在宅を行うなど、業務量を増やす方向に動いています。

 

それでは書いていきます。

 

 

のんびり仕事が出来る職場とは

 

「午前中でほとんど仕事が終わり、午後は数枚しか処方箋が来ない」

という職場は実際にありました。

 

療養型病院でも入院患者さん向けの調剤を決められた期日までに行えばよく、

その枚数が少ない職場であれば半日働ければ後はのんびりという形でした。

 

 

のんびりできる職場の今後

 

病院にお勤めでコロナ前・後と変わっていない方はそれが継続される可能性が高いです。

調剤薬局にお勤めの方は危機感を持たないとまずいかも知れません。

 

他の店舗の収益で赤字の店舗が賄えていたり、

会社が地域貢献の一環として赤字の店舗を残しておくことなどがあり、

それによりのんびりできる職場が存在していました。

 

コロナの影響により処方箋が2~3割減っており、

多くの法人が赤字ギリギリの所で経営しています。

 

ご自身の職場が調剤薬局であればお店自体を閉める可能性があります。

気になる方は経営者の方と話し合い、今後の方向性を確認されることをお勧めします。

 

 

どこにのんびり働ける職場はあるのか?

 

薬局に関して言えば厳しい状況が続くことが予想されます。

療養型病院を主に探されることをお勧めします。

ただし業務が少ない職場はスキルアップも見込めません。

それがデメリットになります。

 

 

まとめ

 

のんびりできる職場は減っています。

エージェントとしてはきちんとスキルアップされることをお勧めします。

どうしてもということであれば療養型病院を探してみましょう。

ただし療養型病院も暇な所ばかりではないです。

 

では!