仕事のうまい探し方

「地域に貢献したい!」という薬剤師さんが自分に合う仕事を探す方法

「地域に貢献したい!」という薬剤師さんが自分に合う仕事を探す方法

こんにちは!

寿五郎です。

 

地域貢献が出来る職場の探し方について書いていきます。

今回の記事での地域貢献は学校薬剤師や介護認定調査員を指しています。

 

結論を先に書いてしまうと、

調剤薬局やドラッグストアで地域貢献が出来る職場を探すのは少し難しいです。

どんなお店もそれなりの売り上げがないと維持できなくなる為、やはりメインの業務を最優先にします。

 

地域貢献をされたい方は薬剤師会の運営している薬局や

薬剤師会の理事の方が運営している薬局へ行くと関わられる可能性があります。

 

 

「地域貢献」の認識は人によって違う

 

「地域貢献」は人によって大きく認識が異なります。

例えば「個人宅への在宅」が地域貢献だという方もいますし学校薬剤師だという方もいます。

どれが正解ではなく、ご自身が抱いている地域貢献と価値観が近い職場を探しましょう。

 

何となく「地域貢献」という言葉で安心してしまうと、入社後のミスマッチに繋がることがあります。

これは他の業務でもそうですが「何をするか。どこまでやるのか」はしっかり確認しましょう。

 

 

自分に合う薬局の探し方

 

ご自身のお考えを整理します。

例えば、個人の在宅に携わりたい方が施設在宅メインの薬局へ就業してもミスマッチになります。

これを整理して、ご自身のお考えを相手に伝えていきます。

 

「個人在宅に興味はあるが施設は興味ない」

と伝えていけば、普通の人事担当者であれば面接になる前にお断りになるはずです。

ミスマッチになることは誰も得しないからです。

 

稀に「面接に来てもらえば何とかなるだろう」という人事の方もいらっしゃるので、

見学面接時もきちんと念を押すようにしましょう。

また現場の方にその業務に就けるか確認するのも一つです。

 

 

地域に貢献するには

 

薬剤師会の会営薬局は薬剤師会の理事の方がされている薬局があればそちらがお勧めです。

地域によるので断言は出来ませんが、学校薬剤師や介護認定調査員を積極的にされている所もあります。

震災などがあった際のボランティアも薬剤師会の薬剤師さんが行かれることもあります。

 

ただ地域によってはあまり活動をしていない薬剤師会もあります。

しっかりと話を聞いて判断しましょう。

 

 

まとめ

 

地域貢献を希望されるのは素晴らしい事です。

良い職場が見つかることを祈っております。

 

では!