仕事のうまい探し方

派遣薬剤師として働きたい?それなら調剤の経験年数は重要です!

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は派遣薬剤師の求められる経験について書いていきます。

派遣先の業種が未経験の場合、ほぼ派遣社員で働くことは不可能です。

 

 

派遣薬剤師で働くには調剤経験3年は必要

 

結論を先に書くと、派遣薬剤師は調剤経験3年以上のスキル求められます。

基本的には行ってすぐに業務に適応しなくてはいけないからです。

 

ご経験が半年や1年程度だったり、

対応できる科目が少ないのであればなかなか紹介はされないでしょう。

 

基本的に病院への派遣はなく調剤薬局のみとなります。

ドラッグストアや病院しか経験していない薬剤師も派遣で働くのは厳しいです。

(病院への派遣もありますが産休代替など期間限定)

 

どんな科目でも対応できる能力は必須

 

派遣薬剤師は行ってすぐに戦力となることを求められます。

その為、最低でも3年程度の経験と複数の科目を対応したことがあることが求められます。

 

当たり前かもしれませんが「皮膚科」や「眼科」しか経験したことがない方は

その科目を受けている薬局へしか派遣されません。

必然的にご自身が働ける求人数は減ります。

 

 

なぜ人事側は派遣を依頼しているのか?

 

なぜ派遣を頼んでいると思いますか?

派遣さんはパートさんや正社員の方よりも費用がかかります。

理由は様々ですが、業務量の割に人員が少なく緊急度が高いために派遣を頼んでいます。

 

マイペースに自分のやりたいようにやっていたら派遣先の紹介はなくなります。

直接注意を受けるかはわかりませんが派遣会社の営業担当には報告が届きます。

必然的に紹介される先は少なくなります。

 

「教えてください」は論外かも

 

派遣でも教育してもらえると思っている方は少ないですがいらっしゃいます。

そういった方に派遣は向いていないので、パートや正社員でまずはスキルアップをしましょう。

先程と重複しますが、派遣は即戦力としての活躍を求められています。

 

ネコの手も借りたい状況で来た薬剤師が

「教えてください」というスタンスだったら派遣を頼まない方がよかったとなります。

 

使ったことがない薬歴や機械の操作方法や薬がどこにあるかなどは教えてもらえますが、

基本的な業務内容や薬についてなどをイチからは教えてくれません。

「高い時給を払っているのに何やっているんだ。」と内心では思われるでしょう。

派遣社員に求められるハードルは高いです。

 

 

派遣薬剤師という働き方を考える

 

基本的に派遣でどれだけ長く働いても派遣社員としての給料は上がらないことがほとんどです。

また派遣の求人は正社員・パートに比べると少ないです。

 

もし派遣先でご自身に合う職場があれば、

そちらに直接雇用してもらえるよう頼みましょう。

 

月給は下がる可能性がありますが、長期的にみると正社員の方がいいです。

派遣はいつ契約が終了するかわかりませんし、賞与も昇給もないです。

特に最近は薬剤師の求人数(求人倍率)は落ちてきているので注意が必要です。

 

まとめ

 

派遣薬剤師に求められる経験について書きました。

私もエージェントです。

キャリアに悩んでいる方はお気軽にご連絡ください!

 

では!