『地方vs都会』薬剤師にとってのメリット・デメリットまとめ

地方vs都会.薬剤師にとってのメリット・デメリットまとめ

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は働く場合、地方と都会のそれぞれメリット・デメリットを書いていきましょう。

 

 

地方薬剤師のメリット

 

地方の最大のメリットは相対的に年収が高いことです。

 

都心部に比べて薬剤師が少ないため、

売り手市場になっており年収が高い傾向にあります。

調剤薬局でも新卒で年収600万円の職場もあります。

 

 

都会薬剤師のメリット

 

都会のメリットは法人数が多く、情報量が多いことです。

それぞれ説明していきます。

 

情報量が多い

法人数が多いため、勉強会なども多く情報量が多いです。

薬剤師としてのスキルアップは地方よりもしやすいといえます。

 

法人数が多い

病院、調剤薬局など地方に比べて法人数が多いです。

その分、ご自身に合う職場を見つけやすなります。

 

 

地方薬剤師のデメリット

 

地方のデメリットは職場が少なく、

また車での通勤が難しいと職場がかなり限定されることです。

 

職場が少ない

地方は職場が少ないです。

車で通勤30分内などに病院が10程度しかないこともあります。

 

そうなると「どの病院も募集すらしていない」ということも起こりえます。

また転職を繰り返すと地域で悪い意味で有名な薬剤師になってしまうこともあります。

 

車での通勤がほぼ必須

電車の本数が少ないというところもあり、

車での通勤を求められるケースは多いです。

車の免許がないという方にとってはなかなか厳しい環境になります。

 

 

都会薬剤師のデメリット

 

都会は地方に比べると年収が低めです。

都会の一番のデメリットかもしれません。

 

薬剤師自体が多く住んでいる為、そこまで高額年収を出さなくても集まります。

その為、都会で転職して年収600万円以上になることはなかなか難しいです。

 

 

まとめ

 

地方と都会の薬剤師のメリット・デメリットを書きました。

参考になれば幸いです。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由