薬剤師の求人情報(地域別)

【おすすめ】薬剤師が東京都で自分に合う転職先を見つける方法

薬剤師が東京都で自分に合う転職先を見つける方法

こんにちは!

寿五郎です。

 

今回は東京都内で転職先を探す方法を書いていきます。

「職場なんてどこもブラックだ」

「人間関係は悪くて当たり前」

と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

結論を先に書くと、良い職場は東京都内でもあります。

ただし探すのはなかなか大変です。

まずは条件に合う職場を探し、

職場見学にてしっかりと職場の雰囲気を確認しましょう。

 

 

東京都は転職先がたくさんある

 

東京都は転職先がたくさんあります。

ハローワークで検索すると正社員は195件。

パートさんは171件がヒットしました。(2020年1月7日現在)

 

余談ですが下記は1年前の内容ですが東京都の求人は年々減っています。

=====

ハローワークで検索すると正社員は524件。

パートさんは362件がヒットしました。(2019年1月6日現在)

条件にもよりますが東京都内だけで約850件の薬剤師の求人が出ています。

=====

 

東京都内で転職先を探す方法は2つ

 

東京都内での転職先の探し方は主に2つです。

ハローワークで探すか、転職エージェントで探すかのどちらかです。

 

大手の調剤薬局やドラッグストア、大学病院などを希望されている方は

ハローワークや求人サイトを使わずに問い合わせても対応してもらえます。

病院の対応はあまりよくないことが多いですが気にせず連絡しましょう。

 

 

ハローワークで都内の求人を探してみる

 

ハローワークは一番求人数が多いです。

 

求人サイトは同じ求人が複数載っていることもあり、

見た感じの求人数は多く感じますが実はそれほど多くありません。

 

東京都内で中小規模の調剤薬局や病院を希望されている方は

ハローワークでお調べになるのが一番効率的です。

ただしハローワークはエージェントのように交渉などはしてくれません。

 

 

転職エージェントに頼むのも一つ

 

弊社が転職エージェントなので宣伝のようになってしまいますが、

エージェントが苦手・嫌いな方以外は使ってみるのが早いです。

 

理由は東京都内は法人数が多いため、

その中からご自身で受け入れ先を探すのは大変な労力を必要とするためです。

 

転職エージェントを利用する場合、登録はまず1社だけしてみましょう。

何社も登録すると多くの会社から連絡が来て嫌になります。

転職エージェントの特徴は大きく分けて2つになります。

 

手元にある求人しか提案してくれない会社

 

東京都内に限らずになりますが、

手元にある求人しか提案してくれないエージェントは多いです。

 

「とりあえずこの中から選んでほしい」と言われます。

エージェントも求人を探すのが一番大変なのでこの方法を好む会社は多いです。

 

手元の求人を多く提示してくれる為、登録してすぐの満足度は高いです。

「求人をすぐに見てみたい!」という方にはお勧めです。

 

自分に合った求人を提案してくれる会社

 

ご自身の条件に合う求人を探してくれるエージェントもあります。

(手前味噌ですが弊社がそうです)

 

ご希望条件を聞き、法人に1件ずつ確認していきます。

東京都内は確認が必要な法人数が多いのでエージェント側の負担は大きいです。

 

薬剤師さん側のメリットとしては

「面接に行ったが条件面でミスマッチ」ということは避けられます。

ただし社内の雰囲気や人間関係は見学・面接へ行かなければわかりません。

 

 

東京都内は年収600万円が上限になる

 

東京都内で転職する場合、管理薬剤師で年収600万円が上限になります。

一般薬剤師は年収500~550万円です。

 

それ以上の年収は何らかの事情があるケースがほとんどなので、

なぜ年収600万円以上なのかはしっかり確認しましょう。

 

パートさんは時給2000円が東京都内の平均です。

夜間帯や土日のみ時給がアップする職場もあります。

 

 

まとめ

 

東京都内で転職先を探す方法を書いていきました。

参考になれば幸いです!

では!