【病院から病院へ】薬剤師が転職するための注意点をまとめた!

病院から病院へ薬剤師が転職するための注意点

こんにちは!

寿五郎です。

 

今回は病院から病院へ転職したい薬剤師さん向けに書いていきます。

結論を書くと転職自体は可能ですが、慎重に職場を選ぶことをお勧めします。

病院によって雰囲気や行う業務は大きく変わってきます。

 

 

病院から病院への転職は意外にできる

 

「病院薬剤師は病院に転職できないのでは?」

という質問をいただきます。

そんなことはなく病院から病院への転職も可能です。

 

病院は調剤薬局などに比べて、法人ごとの特色が大きく違ってきます。

勤務時間、業務内容、福利厚生、夜勤の有無など全く違います。

しっかりと見学をして確認されることをお勧めします。

 

 

病院の勤務時間について

 

勤務時間は全く違います。

8時~17時で終わる病院もありますし、

夜間や夜勤の対応が必要な病院もあります。

 

夜間帯・夜勤の確認を

 

救急を受け付けている病院の多くが夜勤があるか、

もしくはシフト制などで夜間帯に出勤する方がいらっしゃいます。

(例)12時~21時、13時~22時など

 

「早く帰りたい」という方はこの点に注意が必要です。

事務部の方はおおよそでしか把握していないことが多く、

基本的には薬剤部の方に確認しなくてはわからないことが多いです。

 

調剤薬局やドラッグストアと比べると、

薬剤師に重要性を感じていない人事担当者が多く、

薬剤部の業務内容や勤務時間を理解していないことが多いです。

 

 

病院の業務内容について

 

病院の業務内容は病院により全く違います。

 

療養型病院は院内調剤をメインに行っていることがほとんどで、

病床数の多い総合病院では処方箋は全て院内で対応し、

かつDI業務や薬物療法など多岐にわたることもあります。

 

療養型病院などは忙しくなく、のんびりしていることが多いです。

逆に大学病院や病床数の多い総合病院は忙しいです。

 

病院により全く異なってきます。

気になる病院があれば、都度見学などに行き薬剤師の方に質問しましょう。

 

 

転職のしすぎに注意!

 

病院から病院へ転職するのはそこまで難しくありません。

ただし転職のしすぎに注意しましょう。

勤務地を選ばないという方以外は、通える病院が限られてきます。

 

ほとんどの方が片道30~60分以内を希望されますが、

恐らくその範囲ですと10件程度の病院があれば多い方です。

その中で募集されているのはおそらく数件です。

 

あまり転職を繰り返していると、そのエリアで有名になってしまうこともあります。

転職を繰り返していてその都道府県で転職ができなくなった方も過去にいました。

ご自身に合う職場が見つかるよう慎重に転職をされるべきです。

 

 

まとめ

 

病院への転職は難しくないですが慎重になりましょうというお話しでした。

 

私も転職エージェントです。

ご相談はお気軽に!では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由