誰も教えてくれない情報・テクニック

読まなきゃ損!?ドラッグストアでバイトしたい薬剤師さんへ

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回はドラッグストアでバイトをしたい薬剤師さん向けに書いていきます。

基本的には応募前の方向けに書いています。

先に書いておくと常勤で勤務中の方がWワークでバイトできる可能性は極めて低いです。

 

 

ドラッグストアのバイト求人の探し方

 

エージェントに頼むかご自身で探されるかです。

 

バイトの求人をご自身で探される場合は、

個人でされているドラッグストアでしたら直接店舗で聞いてみるのも一つです。

 

ほとんどのドラッグストアが大手法人となりますので、

店舗で聞いてもわからないと言われることが多いです。

 

社名で検索するとほとんどのドラッグストアが求人に関するページを持っています。

そこからバイト募集へ問い合わせをするようにしましょう。

人事担当者の方に対応して頂けます。

 

アルバイトの勤務時間は比較的選べる

 

勤務場所をどこまで広げられるかによりますが、

多店舗展開をしているドラッグストアであれば

希望通りの時間に働くことが出来る店舗を紹介されることが多いです。

 

ただし勤務場所は指定できない会社もあるのでそちらは要注意です。

「片道60分以内であれば店舗は指定できません。」

というドラッグストアもあります。

 

アルバイトの時給はそこまで高くない

 

「ドラッグストアの時給は高いのでは!?」

と思われる方も多いですがそこまで高くはありません。

ドラッグストアの年収が高いのは勤務時間が長かったり土日出勤が前提になっているからです。

 

時給換算すると調剤薬局と変わらないことも多いです。

その為、バイトでの時給もそこまで高くないです。

 

 

アルバイトでもキャリアは計画的に

 

バイトをする理由をしっかり決めておきましょう。

このサイトでも過去にお伝えしておりますが、

ドラッグストアは調剤薬局に比べて店舗数が少ないです。

 

その為、「他のドラッグストアへ転職しよう!」と思った際に

ご自身の希望にそう求人が見つからないことがあります。

 

バイトをされる理由はそれぞれですが、

今後のキャリアを考えてドラッグストアでバイトをするべきなのかを検討されてください。

中途半端なスキルだけ身につけてお辞めになると次が見つからないことがあります。

 

もちろんドラッグストア1本でキャリアを詰まれて、

長期に渡り勤務されている方もいらっしゃいます。

 

 

まとめ

 

これからドラッグストアでバイトを考えている方向けに書いていきました!

ドラッグストアでのバイトを始める方で、

エージェントに相談されたい方はぜひご相談をお待ちしております!

 

弊社もエージェントです!

では。