誰も教えてくれない情報・テクニック

【実録】ブランクあるけど大丈夫?薬剤師は再就職できるのか!?

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日はブランクがある薬剤師さんが気になる再就職について書いていきます。

 

結論を先に書くと、

再就職できるかは近隣の法人の人員の募集具合とご本人のキャリア・年齢により異なります。

一例を出すと都心部の調剤薬局で60歳以上の方が再就職するのはかなり難しくなっています。

 

 

再就職できるかはその方のキャリアによる

 

再就職できるかどうかはブランクも重要ですがキャリアによります。

 

転職を繰り返していてキャリアがぶれている方と、

例えばOTCで1社で30年キャリアをつまれた方ですと

ブランク後の再就職の可能性が大きく変わってきます。

 

 

再就職できる年齢とは

 

年齢も重要な要素の一つです。

 

出産や育児などでブランクがある方や

家族の介護や病気療養などでお休みされていた方で

40代くらいまででしたら比較的スムーズに再就職先が見つかります。

 

50才以上でキャリアがぶれている方や転職が多い方は少し厳しくなります。

65才以上で製薬会社やドラッグストアのみのキャリアしかない方はほぼ再就職は無理です。

 

 

再就職できる方の特徴

 

冒頭に述べたことと重なりますが、ブランク前のキャリアが重要です。

例えば、再就職されたい業種での経験が5~10年あることがあげられます。

 

再就職が厳しい方

 

少し極端ですが調剤経験がゼロの方が

65歳を過ぎて調剤薬局へ再就職するのはほぼ不可能です。

それにはブランクの有無は関係ありません。

 

製薬会社や研究職などで定年を迎えられた方は、勤務地によりますが

ほぼ間違いなく調剤薬局やドラッグストアで再就職することはできません。

それまでにご自身で再就職先を探しておく必要があります。

 

ごく稀に60歳以上で未経験の業種に転職できた方が3年たたずに辞めていることがあります。

次の職場は見つからなくなります。辞めるのにも覚悟が必要となります。

 

 

求人を探すには

 

40代くらいまでの方であれば、

ご自身で職場へ募集状況を問い合わせされても問題ないです。

 

何らかの事情がおありで求人をお探しすることが難しい方は

私のようなエージェントに依頼すると楽です。

 

譲歩することも重要

 

ブランクがある方はまず再就職することを目的としましょう。

 

「時給2500円以上」「家から徒歩圏内」「人間関係が重要」

などとかなり難しい条件全てを必須条件にされる方もいらっしゃいいます。

時給を平均的なものに下げるなどして譲歩することも必要です。

 

 

まとめ

 

繰り返しになってしまいますが

ブランクがある方が再就職するにはいままでのキャリアが重要です。

 

今後長期的に勤務していくためには

「どういう職場へ再就職するべきか」

を含めて再就職しましょう。

 

私もエージェントです。

お気軽にご相談ください!

 

では!