【悲報】薬剤師のエージェントに転職相談をして嘘をつかれる理由

薬剤師のエージェントに転職相談をして嘘をつかれる理由

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は転職相談の際に嘘をつくエージェントがいる理由を書いていきます。

結論を先に書くとエージェントにノルマがあるからです。

 

 

エージェントには売上のノルマがある

 

転職相談をして嘘をつかれる理由はそのエージェントにノルマがあるからです。

全てではないですが、ノルマを達成するために嘘をつくエージェントもいます。

内定辞退をして怒るエージェントがいるのもノルマに追われているからです。

 

例えばよくあるのは

「ドラッグストアをやたらと勧めてくる」

というのはエージェントにとっての旨味があるからです。

 

嘘をついているかどうか見抜く必要がある

 

エージェントに相談する際に、そのエージェントが売り上げに追われているかどうかは見極める必要があります。

それはつまり嘘をついているかどうかです。

 

例えばですが調剤薬局や病院を希望しているのにやたらとドラッグストアを勧めてきたら

「なぜドラッグストアを勧めるのか?」

を聞いてみましょう。

 

「調剤も経験できるから」「ドラッグストアはこれからも伸びるから」

などこちらの要望を無視した回答であれば、それはエージェントの都合です。

転職相談をする意味がないでしょう。

 

「今すぐ結論を!」は嘘

 

良くあるのが「今すぐ結論を出してください!」というケースです。

急かして転職をさせるケースは多いですが急かす必要は基本的にないです。

 

100件に1件程度、本当に他の人が内定を受諾されることもあるので

絶対に嘘とは言い切れないですが内定を受けるかどうかは直ぐに決めるものではありません。

 

 

転職相談をする相手は重要

 

人生において転職相談をする相手は重要です。

教授や予備校の先生に相談される方もいらっしゃいますが、先生方は就職をされたことがない方が多いです。

正直、そこまで参考にならないでしょう。

 

私であればですが年齢や環境が近い同性の薬剤師に相談してみます。

 

職場の人で信頼できる人がいるのであればそれも一つですが、

「転職をするか悩んでいるらしい」と噂になったら気持ちよくありません。

私であれば職場以外の知人や友人に聞いてみます。

そういう方が周りにいない方は、利益目的ではないエージェントに相談するのも一つです。

 

 

まとめ

 

転職相談をするエージェントが嘘をつく理由と相談相手の見極め方を書いてきました。

参考になれば幸いです。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由