仕事のうまい探し方

【知らないと損】ズバリ!薬剤師のあなたに合う働き方はこれだ!

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は働き方について書いていきます。

これからの働き方に悩んでいる方は参考にして頂けると嬉しいです。

 

男性と女性で働き方は変わりますので分けて書いております。

ご了承ください。

 

 

男性薬剤師の働き方について

 

男性薬剤師の働き方ですが、正社員か独立するかになります。

(独立に関して言えば調剤薬局のみになりますが)

 

特別な事情が無い限りパートや派遣ではなく、

正社員としての働き方を選ぶようにしましょう。

 

なぜ男性は正社員がお勧めなのか?

 

「介護をされている」「持病を持っている」

などの理由をお持ちの方以外は基本的に正社員がいいです。

 

給料が高いと派遣を選ぶ方もいらっしゃいますが、

派遣社員は契約期間が満了になると終了です。

そのタイミングは突然来たりします。

 

また基本的に派遣社員は昇給もしないため、

男性は派遣ではなく正社員として働かれることをお勧めします。

長期的に勤務していきスキルアップ・キャリアアップをしていきましょう。

派遣で管理薬剤師の経験を積むことができるのはレアケースです。

 

 

女性薬剤師の働き方

 

女性は男性と違い、いくつか働き方を選ぶことが可能です。

ご自身のライフスタイルに合う働き方をするようにしましょう。

 

正社員という働き方

 

特に説明は不要です。

基本的に大手さんでは転勤・異動が発生しますのでそちらは忘れないようにしましょう。

 

多くの会社では女性も出世が可能です。

キャリアアップをし、収入を増やすという面では正社員がベストです。

 

派遣社員という働き方

 

時給が高いのがメリットです。

時給2500~3000円程度になることが多いです。

そのため、パートよりも派遣を選ばれる方もいらっしゃいます。

 

デメリットを上げておくと、

派遣を受け入れる先は少ないため通勤時間がかかる可能性があること。

急遽なお休みは基本的に不可。受け入れ側は忙しいので派遣を依頼しているからです。

そして契約期間が突然終了する可能性があることです。

 

そのため、子育てをされている方や

何か制約がある方にはあまりお勧めできません。

 

緊急性が高く派遣社員の方をお願いしている職場がほとんどなので、

ご自身の都合で休むことはパートさんよりも難しいです。

 

パートという働き方

 

時給の相場は2000円程度です。

多くの女性薬剤師さんが選ばれている働き方です。

 

派遣よりも時給が安い分、柔軟な働き方ができます。

(余談ですが、時給が高いと求められるものも増えていきます)

 

職場によっては子育ての急遽のお休みなどにも対応してもらえます。

そういった職場を見つけるのが良い働き方を出来るポイントになります。

 

 

まとめ

 

薬剤師さんの働き方について書いていきました。

ライフスタイルに合わせた働き方を選んでみてください。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に。

 

では!