仕事のうまい探し方

『失敗談を探してる?』そんな薬剤師さんが転職に成功する秘訣

こんにちは!

寿五郎です。

 

「薬剤師 転職 失敗談」で検索しているであろう方へこの記事は書いています。

薬剤師さんの転職失敗談で多いケースとそれを防ぐ方法を書いていきます。

 

結論を先に書いておくと、期待値が上がりすぎると転職に失敗することがあります。

理由は「こんなはずじゃなかった」と粗ばかり見えてくるからです。

 

失敗談はその人それぞれ原因があります。

転職の失敗を防ぐ方法を知って、ご自身は失敗しないようにしましょう。

 

 

職場の「人間関係」が最悪だった

 

「人間関係が最悪だった。失敗した。」という方はいらっしゃいます。

こちらはしっかり職場見学をされれば防ぐことができます。

 

なぜ職場見学が重要かというと人間関係は相性がほとんどだからです。

Aさんにとっては良い人でも、私にとっては相性が悪い人かもしれません。

 

それは誰かではなく、ご自身でしっかりと確認をされなくてはいけません。

その為に職場見学へ行きます。

 

職場の方がどんな雰囲気で働いているのかは見学でおおよそ検討がつきます。

会話をするのは管理薬剤師の方のみになる可能性もありますが、

その方とお話をすることである程度の話しやすさなどはわかります。

 

せっかく薬剤師は売り手市場なのですから

「こっちも選ばせて頂きますよ!」

という心づもりで行かれても良いかと思います。

 

 

給与などの雇用条件が違った

 

こちらは入社前後に雇用条件確認書というのが貰えます。

名称は多少異なりますが、給料や勤務時間、配属先などが記載された書類です。

 

このトラブルが起きる方のほとんどが、雇用条件の確認書類を受け取られていない。

もしくは書類は提出してしまい手元にはないという方です。

 

こちらは給料が関わってきますので、とても重要な書類です。

入社まで1か月以上ある方は事前に貰うようにすべきです。

入社まで1週間程度しかない方は、なるべく早く受け取るようにしましょう。

これによりかなりの確率で「待遇が違う」という失敗を防ぐことは出来ます。

 

 

職場環境がイメージしているのと違った

 

これは性格的に細かい方に多いです。

「以前に所属していた会社のやり方と違う」

「イメージしていた業務と違う」などです。

 

前の職場のやり方と比較される方がいらっしゃいますが、

薬剤師に限らず新しい職場になるとローカルルールのようなものがあります。

 

そちらは法律を犯していたりグレーではない限り、

基本的にはそちらにのっとった方が良いと思います。

 

 

折り合いをつけることは重要

 

性格が細かい方は転職先の色々なことが目に付くようになります。

それが悪いとは言えませんが、薬剤師に限らずどんな仕事でもその職場のルールややり方があります。

 

批判的になるのではなく周りからいち早く認めてもらえるように努めましょう。

改善の提案は周りと信頼関係が築けた後でも遅くはありません。

 

入社してすぐにいろいろと言うと嫌がられます。

逆の立場になって考えてみるとわかりやすいです。

 

 

まとめ

 

薬剤師の転職失敗談を調べている方向けに書いていきました。

誰が書いているかわからないサイトの体験談よりはお役に立てるかと思います。

 

私もエージェントです!

なにかあればお気軽にご連絡ください!

 

では!