誰も教えてくれない情報・テクニック

合わないなら辞める!入社1か月の薬剤師に転職をお勧めする理由

こんにちは!

寿五郎です!

 

結論を書くと、万が一ご自身に合わない職場へ勤務された場合は

転職して1か月経っていない場合でも退職・転職をお勧めします。

出来る限り早くお辞めになった方が良いでしょう。

 

先に書いておきますが、

この記事は合わない職場へ転職してしまった方向けです。

順調に適応されている方へ転職を勧める記事ではありません。

 

 

長くいても改善される可能性は低い

 

1か月に1日しか出勤していないならわかりませんが、

週3日以上勤務されていて違和感を感じるのであれば転職をお勧めします。

 

ご自身が管理薬剤師やエリアマネージャーなどの責任者であれば別ですが、

多くの方がそうではないと思います。

入社したばかりの方が職場の雰囲気や待遇を改善していくのは不可能です。

 

仮に人間関係が悪く雰囲気が悪いのであれば、

該当の方が辞める日を待つしかありません。

それが自分との入れ替わりで退職予定であればいいですが、

いつ来るかわからないのであれば退職するのも一つです。

 

複数店舗あるなら異動を

 

複数店舗があるなら異動をお願いしてみるのも一つです。

 

ただし次の店舗でもまたうまくいかないとなりますと、

「あなたに問題があるのではないか?」

と言われますし思われます。

 

その時点でその会社での出世などは難しくなるので、

異動になった先でうまくやっていく必要が高くなります。

 

 

紹介会社は引き止めるが気にしない

 

仮に1か月以内で退職をすることにした場合、

紹介会社経由の場合は紹介会社から連絡がくると思います。

 

その場合、

「3か月働けば変わる」

「辞める決断をするのが早すぎる」

など言われることが多いですが気にせず辞めましょう。

 

無理をして半年在籍して体調を崩しても、

紹介会社も職場も何かをしてくれることはないはずです。

「紹介会社に悪い」「気まずい」という気持ちもわかりますが退職しましょう。

 

多くの紹介会社が返金規定を設けており、

なるべく早く辞めた方が転職先の職場に迷惑がかかりません。

その為、出来る限り早めに人事担当者の方に相談しましょう。

 

 

試用期間は職歴に残るのか?

 

試用期間は職歴に書くべきなのか?

これは状況により異なります。

 

入社後に事前に聞いていた就業条件などと違う場合は退職をしても問題ないし、

それは職歴に記載する必要がないと話される弁護士の方もいらっしゃいました。

 

ハローワークの担当者の方は

「試用期間で退職となった場合も勤務しているので職歴に書かなくてはいけないのでは。」

と話していました。

 

1か月で転職される場合、1か月で辞めることになった理由によって異なると思います。

そちらはハローワークや弁護士・社労士の方に一度確認することをお勧めします。

 

 

ミスマッチだった理由は次回へ活かす

 

1か月で転職をすることになった理由を次に活かさなければいけません。

仮に「職歴にかかなくてもいい」とハローワークや士業の方から言われたとしても、

1か月での退職を繰り返していると期間も空いてしまいます。

 

また辞め癖がついてしまうので次の職場では最低3年は勤務するようにしましょう。

 

良くあるケースは

「大手調剤薬局が合わないと思ったのにまた大手調剤薬局へ行く。」

「夜勤が嫌だったのにまた夜勤がある病院へ転職する。」などです。

何故就職に失敗してしまったかの原因をしっかり確認しましょう。

 

 

まとめ

 

入社1か月で転職するか悩んでいる方向けに書きました。

参考になれば幸いです。

 

弊社もエージェントです。

何かあればお気軽に!

 

では!