パートでお仕事を探している方向け

※注意※週2日のパート薬剤師求人は意外に見つけるのが大変!

こんにちは!

寿五郎です!

 

結論を先に書きます。

意外かもしれませんが週2日のパートの求人を探すのは大変です。

理由はそれ以外の曜日を別の方で埋めなくてはいけなくなる為です。

 

また週2日のみ勤務したいというパートさんの枠は、

女性が多い薬剤師という職場では人気があり埋まっていることが多いです。

柔軟に週によっては1~4日入れるという方は気にしなくて良いです。

 

それでは詳しく書いていきます。

 

 

パートで短時間の週2日を探すのは難しい

 

「週2日で1日4時間勤務」などはかなり難易度が上がります。

 

週の出勤日数に関わらず、

短時間ですと残る薬剤師さんが1人薬剤師になる為、

受け入れる側はかなり消極的になります。

 

近隣で週2日で短時間OKの求人が見つかった場合、

早めにご応募された方が良いと思います。

 

薬剤師は女性が多いため短時間の求人を探されている方が多く、

短期間で応募があるケースは多いです。

悩んでも2週間程度で決断された方がいいです。

 

 

週2日出勤はフルタイムを希望される事が多い

 

週2日の出勤だとしても、フルタイムでの出勤を希望される職場は多いです。

特に夜の時間帯、「19時や20時近くまでいてくれるのであればOK」という職場は多いです。

話し合い次第では午後~閉局までという形でもOKがでることがあります。

 

短時間の勤務を希望されている方は家庭の事情がおありのことがほとんどなので、

夜間帯の勤務が難しく、求人探しが難航します。

 

 

「土曜+1日」であれば受け入れる職場も

 

「土曜日+平日1日」の週2日勤務であれば受入可能な職場もあります。

この場合、正社員の方が2名体制で1名の方の休暇時に出勤していただく形が多いです。

 

また1人薬剤師でも可能ということであれば、

「常勤の薬剤師さんがお休みの際に出勤」という求人もあります。

ただこの場合、常勤の方のお休みなので、ご自身は急遽のお休みは取れないです。

 

またどちらにせよ終日の勤務となり短時間の勤務は難しいです。

ラストまでの出勤が必須となります。

 

 

まとめ

 

通勤時間などを絞ると限りなく探すのが難しくなります。

施設在宅を多く受けている職場などで検討頂けることも多いです。

 

家庭の事情もおありだと思いますので、

ちょうどいい求人が見つかることを祈っております!

 

弊社もエージェントです。

なにかあればお気軽に!

 

では。