仕事のうまい探し方

※要確認※結果にビックリ!薬剤師の求人に年齢制限はあるの?

こんにちは!

寿五郎です。

 

今日は薬剤師の求人に年齢制限があるのかどうかを書いていきます。

 

結論を先に書くと、大手さんは応募する際に年齢制限があることが多いです。

2019年11月時点で都心部では60才を超えた方の応募はかなり厳しくなっています。

地域密着の調剤薬局は経験によりますが応募できる職場もあります。

 

 

年齢制限はない職場は稀にある

 

薬剤師の求人で年齢制限がないものもあります。

ただ今までのキャリアが強く影響してきます。

 

50歳以上で調剤経験がない方が調剤薬局に転職出来ることはほぼないです。

 

大手さんは60~65才で定年となりますが、

地域密着の調剤薬局さんは経験やお人柄次第では65才以上でも就職可能です。

 

実際に私が見てきた薬剤師の就職・転職の事例を書いていきます。

 

国家試験を42才で受かった方

 

国家試験の予備校で出会った為、詳しい経緯はわかりませんが

42才で国家試験に受かって就職先を探されていました。

普通に就職できました。

 

給料の面などで折り合いがつかない会社もあったのですが、

最終的にはご自身が納得する形で就職されていました。

 

薬剤師に関しては資格を持っていれば40代でも就職できるかもしれません。

ただし年収や勤務場所などの条件は譲歩しなくてはいけません。

その42才の方も転居されていました。

 

 

転職だと72才の方も

 

私が支援させて頂いた方は72才でした。

それ以外にも69才の方も転職のお手伝いをしました。

ただこちらの2名とも転職が少なく、お人柄もとても良かったです。

ただこれも5年程度経ちましたので今は60代前半の方でも見つからない可能性が高いです。

 

転職回数が多い方はそれなりの覚悟をしましょう。

年齢関係なく転職回数が多いと転職は難しくなります。

また勤務時間の制限やこだわりがある方はそれに伴い求人も減ってきます。

 

 

転職歴には気をつけよう

 

転職歴が多すぎると断られることがあります。

60才位で10社前後の職歴となると、さすがに厳しいかもしれません。

これを読んで頂いている方はなるべく同じ職場で勤務することをおススメします。

 

 

まとめ

 

地域密着の薬剤師求人には年齢制限がないことがあります。

大手ではなくそういう職場を狙いましょう。

 

また転職のしすぎにはお気を付けください!

今は良くても将来転職できなくなる可能性は高いです。

では!