人生の分岐点かも。30歳薬剤師が求人を見るときの大切なポイント!

[最終更新日]2018/01/02


人生の分岐点かも。30歳薬剤師が求人を見るときの大切なポイント!

 

こんにちは!

 

一般的に「30歳が転職できるライン」など言われています。

最近では少し伸びてきており、

35歳などが一般企業のラインとも言われています。

 

薬剤師さんに限って言えば、40歳でも50歳でも転職が可能です。

 

ただ、薬剤師さんもキャリアを考えるのであれば

30歳が一つのポイントとなることは間違いないです。

 

今回はそんな30歳の方に向けたテーマです。

 

 

常勤の30歳薬剤師さん向けです

 

前提として常勤30歳の薬剤師さん向けに書いております。

パートさんですとまた違ってきます。

ご注意ください!

 

ハローワークの求人票や求人サイト、

形は違えどほとんどの求人媒体は文字からの情報です。

 

そんな求人情報からどうやって情報を収集していけばいいのか、

ポイントを書いていきます。

 

30歳前後はキャリアを考える上で重要な年齢となります。

30歳で転職をする場合に求人で確認する点を書いていきます。

 

 

会社の規模を見よう!

 

わかりやすくするために少し極端な例を書きます。

例えば、10人の薬局と1000人の薬局。

大きく違います。

 

ご自身はどういうキャリアをつまれたいのでしょうか。

30歳でプランを考えていくことはとても重要です。

簡単にですが、規模感に合う働き方を書いてみました。

 

10人の薬局

 

・これを最後の経験にして独立したい

・できるだけ通勤時間を減らしたい

・異動したくない

・給与はそこそこでいいのでプライベートも充実させたい

 

こういった希望がある方には

30歳以降の働き方としてはマッチしています。

 

1000人の薬局

 

・着実にステップアップして、色々な経験をつみたい

・いろんな職場でいろんな処方箋を見てみたい

・マネジメントスキルを身につけたい

・安定した会社で安心して働きたい

 

30歳以降ではマネジメントのスキルを求められることが多くなります。

 

そういった意味では

30代で後輩や部下を持てる大規模な会社はオススメです。

ただ年代を問わず、転勤・異動・応援が多発します。

 

独立志向ではない30歳以降の方は

こういう場所でキャリアアップをつんでいかれるのも一つです。

 

100人の薬局

 

10人規模と1000人規模の良い所を取っているのが100人規模の薬局です。

 

法人によりますが店舗異動が

不要なところも多いですし、安定感もあります。

 

また薬剤師さんが数十名はいらっしゃいますので

社内での勉強会もあります。

 

店舗を展開されていく予定があれば

エリアマネージャーなどの役職も増えていくので、

長期的に勤めていかれる予定の30歳前後の方は是非、

求人に応募する前などに確認してみてください。

 

希望条件にもよりますがおおまかに分けるとこのようになります。

 

30歳以降、どうなりたいのでしょうか?

それに合う規模の会社に勤めるべきです。

 

 

退職金と設立年月日

 

これは一般の業界にも使えます。

設立が古いのに退職金が出ない会社はオススメしません。

 

20年や30年続いていると、定年を迎える人。

もしくは近づいている人が出てきているはずなのに

退職金を考えていない会社になります。

 

つまり人材をあまり大切にされていない可能性が高いです。

 

離職率が高いと退職金制度をそもそも取り入れないかも

 

もう一つの可能性としては、会社の運営自体は長いのに離職率が高く

10年などの長いスパンで働けれている方が少ない、

もしくはいらっしゃらないということになります。

 

こちらも人材を大切にされないため、人材が辞めていきます。

 

会社規模が10人程度でも良い職場であれば

勤続20年以上の方がいらっしゃったりします。

そういった会社を探す為のひとつの物差しにしてみてください。

 

退職金を支払わない代わりに、

毎月の給与を厚くする会社もあります。

 

そういった会社はそちらを売りされているので

面接などで説明があるかと思います。

ただし薬剤師業界ではほとんど見たことがありません。

 

 

いつも求人を出している会社はどうなの?

 

一般企業の求人を見る際にはひとつの判断基準となりますが、

薬剤師の求人ではあまり参考になりません。

 

理由はご存知の通り、どこの薬局も薬剤師が不足しているからです。

あまり気にされなくても大丈夫です。

 

 

小規模の職場は前任の退職理由も聞こう

 

10人~20人程度の職場は人間関係がかなり重要になってきます。

前の方が辞めた理由や今回募集する背景をきちんと聞きましょう。

教えてくれないこともありますが、確認することは重要です。

 

稀に人間関係が悪く定着率がとても低い職場などがあります。

管理薬剤師さんの性格がきつく、続く方がいないということなどもあります。

きちんと確認するようにしましょう。

 

人に聞いてもらうのもひとつ

 

聞き辛い場合は転職エージェントに聞いてもらうか、

ハローワークの場合は紹介してくれる窓口の方に

電話で確認してもらうようにしましょう。

 

ハローワークは役所の為、担当者の方が本音を

言わないことがあるので出来ればエージェントに聞いてもらうか、

ご本人が面接で確認されるのがおすすめです。

 

 

30歳以降は転職をあまりしないようにする

 

30歳をすぎて転職を繰り返してしまうとキャリアアップが難しくなります。

特に男性はシビアな目で見られることが多いので気を付けましょう。

実際に40代前後で転職を繰り返していた人は再就職がかなり難しくなります。

 

「まだ転職できるからいいや」と転職を繰り返すとある日行き詰ります。

これはなかなかの恐怖です。気を付けましょう。

 

 

まとめ

 

簡単ですが、求人情報からわかる職場の内情について書きました。

30歳からのキャリアは非常に重要で、年収600万円以下で止まってしまうか。

それとも700万円・800万円と伸びていくかの分かれ道となります。

 

これから転職する30歳以上の方のお役に立てれば幸いです。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!