誰も教えてくれない情報・テクニック

【衝撃】他のサイトが書いている薬剤師の転職事情は嘘ばかり!?

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は「薬剤師 転職事情」で検索して

出てきたサイトの内容について書いていきます。

 

結論を先に書くと、

ネットの転職事情は信じすぎると損をするのでほどほどに信じましょう。

薬剤師が転職し放題の時代は終わりつつあります。

実際の転職事情についても書いていきます。

 

 

「薬剤師 転職事情」で検索。表示されたサイト

 

こちらほとんど成果報酬型広告(アフィリエイト)サイトです。

 

簡単に言うと、

転職エージェントに登録を促すことによってサイトの運営者がお金を貰っています。

 

転職エージェントのランキングが書いて有ったり、

出所がわからない口コミや評判が書いてあったり、

自社以外のサイトに登録を促していたらアフィリエイトです。

 

転職事情のサイトのほとんどは宣伝するのがビジネス

 

きちんとしたビジネスですが、

登録を促す為に都合の良いことを書いてあることが多いです。

その為、転職事情もわりと適当に書いてあるケースが多いです。

余談ですがこのサイトもよく盗用されて、無理やり転職を勧める方向に変えられています。

 

詳しくは

『薬剤師 転職 比較』で検索したあなたは薬剤師ですか?

読んでみてください。

 

 

転職事情を書いているサイトはアフィリエイト

 

登録を促すことでエージェントからお金を貰えるサイト。

その結果、なにが起きるのでしょうか?

 

自分たちに都合の良いことを書いていることが多いので、

当初のご自身の希望からずれていって、

最悪、転職のミスマッチにつながってしまうこともあります。

 

 

本当の薬剤師の転職事情とは

 

違うサイトに転職がしやすい職場は

「ドラッグストア > 調剤薬局 > 病院 > 企業」

と記載されていましたが、これは嘘です。

 

調剤薬局の方が、店舗数が多いため確実に調剤薬局の方が転職しやすいです。

ドラッグストアより圧倒的に調剤薬局の方が多いです。

ではなぜ、このサイトは転職事情をこういう風に記載したのでしょうか。

 

 

紹介料をもらえない薬局は紹介しないから

 

調剤薬局は大手と中小ですと、中小の薬局の方が多いです。

しかし、中小の薬局は紹介料を支払ってくれるとは限りません。

 

ドラッグストアは基本的には大手さんがほぼなので、

紹介料を支払っていただけます。

 

「紹介料を払ってくれない会社=求人としてみなさない」

為、こういった自社に都合がよい書き方をしているのです。

 

またドラッグストアの新規出店が多いため、

紹介会社がドラッグストアへの転職希望者を集客するよう

アフィリエイターに依頼している可能性もあります。

 

 

年収に関しても嘘が書いてある

 

ドラッグストアと調剤薬局の年収事情について

「調剤とドラッグでは圧倒的にドラッグの方がもらえる」

と書いてありますが、これは会社によります。

 

四季報の情報をまとめています

 

下記に大手調剤とドラッグの平均年収をまとめています。

これで完璧!薬剤師さんの年収ランキング【2020年版】

 

これを見て頂くとわかりますが、

ドラッグでも会社によっては少ないですし、

調剤でも年収が多くもらえるところもあります。

 

転職先や就職先をミスすると、

年収は全く増えないということになります。

 

ざっくりですがドラッグストアの方が年収が高いのは

夜間や土日の出勤があるからです。

勤務時間が長いから調剤薬局より年収が高くなります。

 

 

薬剤師の転職事情を調べるには

 

地域の薬局の求人に関しては

ハローワークを使って調べるのが一番です。

大手さんは転職エージェントを使うと早いです。

 

ハローワークをご自身で確認しながらエージェントの話を聞くと、

エージェントが本当のことを言っているかどうかもわかるようになります。

その地域の給与相場などがわかるようになるからです。

 

 

まとめ

 

アフィリエイトサイトが増えている為、

薬剤師さんが正確な転職事情を調べるのは難しくなっています。

 

ハローワークや厚生労働省のサイトなど公的な機関が発表している

情報を確認してみるようにしましょう。

転職事情もそこからイメージすることができます。

 

私はブラック企業が嫌いで

転職のミスマッチを防ぐためにこのサイトを運営しています。

 

もしよければお気軽にご連絡ください!

では。