パートでお仕事を探している方向け

転職の年齢制限は昔話?薬剤師は何歳まで活躍できるのか。

こんにちは!

寿五郎です!

 

先に結論を書くと、年々薬剤師に求められるハードルは上がっています。

あと2~3年で60才以上の再就職は出来なくなるかもしれません

 

現状でも65歳以上はかなり再就職が厳しいです。

また75歳以上の方は再就職がほぼ不可です。

今までの職場で継続して雇用してもらうのがベストです。

 

今回は薬剤師の転職と年齢制限について書いていきます。

 

 

60歳までは転職が出来ます

 

60歳までは余程の職歴やご自身でのご希望がない限り、

お仕事はほぼ見つかります。

 

ただし製薬会社や学術系のお仕事をされていた方は、

再就職がかなり厳しくなります。

 

65才まではかろうじて転職可能

 

勤務地・ご経験と職歴次第ですが、65歳までは転職可能です。

調剤経験がない方。転職回数が多い方はかなり苦戦します。

勤務時間や通勤時間にこだわりがある方は諦めた方が良いです。

受け入れ先の希望に柔軟に対応しなくてはいけません。

 

私は72歳の女性。

70歳の男性の薬剤師さんの転職のお手伝いをしたことがあります。

 

70歳の男性薬剤師さんの転職に関しては

埼玉県小川町の求人を探している薬剤師必見!職場見学へ行ってみた。

を読んでいただけると嬉しいです。

70歳を過ぎても薬剤師は転職可能だと言えますが年々厳しくなっています。

 

75歳以上はかなり厳しい

 

75歳以上の方はほぼ不可能です。

 

70才の薬剤師さんのお仕事を探した際に、

100社近く連絡をして2社程度しか受け入れ先が見つかりませんでした。

75歳ですと年齢で応募不可となるケースがほとんどです。

 

 

年齢に比例する経験がとても重要

 

60歳以上の転職は今までのキャリアがとても重要になります。

最低でも直近の調剤経験が3年はあった方が良いです。

 

逆に50歳前後の方でも希望年収が高く、調剤経験がないという方は

年齢制限で引っかからなくてもスキルや条件の部分で転職できなくなります。

 

狙うのは調剤薬局

 

60歳以上の方は調剤薬局の求人を探してみてください。

地域密着で数店舗で運営している薬局は年齢制限がないことが多いです。

社長判断になるからです。

 

OTCは転職先が少ない

 

「ドラッグストアだと年齢制限ないのでは?」

と思われる方が多いですが、

ドラッグストアは大手法人が運営していることがほとんどです。

 

その為、年齢制限がしっかり定められています。

ほとんどのドラッグストアが60~65歳までしか受け入れてくれません。

それ以降は勤続している方が嘱託契約となり更新していく形になります。

 

 

条件に折り合いを付けましょう

 

60歳以上の方で

「今まで時給2500円貰っていたので同等でないと転職しない」

と話される方もいらっしゃいます。

 

現在の職場で雇用してもらえるのであれば転職する必要はないかと思います。

基本的には定年を過ぎて違う職場への転職は時給が下がります。

 

時給を下げたりするものひとつ

 

新しく職場を探す際は希望時給を下げたり、

通勤時間を延ばしたりすることをおススメします。

 

年齢制限がない職場は確かにありますが、

それ以外に制限をつけすぎると見つからなくなります。

 

理由は年齢が高い方のほとんどが条件を譲歩されているため、

そちらの方達が優先して雇用されます。

 

 

まとめ

 

今回は薬剤師さんの転職での年齢制限について書きました。

年齢制限よりご自身のスキルの方が重要となってきます。

 

では!