薬剤師の求人情報(地域別)

「薬剤師の転職はかなり厳しい時代になった…。」というのは本当なのか?

都市部では薬剤師は充足傾向。希望通りの転職は厳しい時代かも…。

こんにちは!寿五郎です。

今回は薬剤師の転職市場が厳しい状況なのかどうかについて書いていきます。

 

結論を書くと、都市部では転職が厳しくなっているのは間違いないです。

5年位前の「薬剤師は転職し放題」「転職すれば年収がアップする」というのは昔の話です。

それを実現できるのは「全国どこへでも行きます。」「なんでもやります。できます。」という方です。

 

それでは厳しくなってきている現状を書いていきます。

 

 

東京23区内やその近郊は厳しい

 

東京23区内や千葉、神奈川、埼玉の東京寄りのエリアの転職市場は厳しい状況です。

薬剤師さんがたくさん住んでいるためです。

 

また薬局の数は多いのですが、

薬局も大手さんが多店舗展開されていることが多く、

中小の法人が少ないというのもあります。

 

コロナ関係なく7-8年前から少しずつ充足傾向にあったので、

単純に薬剤師が増えていることが一番の影響です。

 

特に若い薬剤師さんが

「就職を機に東京に住みたい」

と言われることが多いので東京近郊の薬剤師は増える一方です。

(これは他の職種にも言えると思います)

 

これらの理由で多くの薬剤師さんが東京近郊で希望に沿う転職をするのは厳しくなっています。

 

 

大阪市や福岡市などの都市部も注意が必要

 

主要都市は東京ほどではないですが住んでいる薬剤師さんがたくさんいるので充足傾向にあります。

条件にこだわりがある方は転職が厳しくなります。

平均的な年収以上を求める方はハードな働き方やグレーな職場でないと難しいかもしれません。

 

 

条件によっては場所を問わず見つかりにくい

 

下記は場所問わず転職自体が厳しくなる条件です

 

・閉局時間より前に帰りたい

多くの薬局が閉局時間前の1-2時間が忙しいのでこの時間帯にいて欲しいと言われることが多いです

 

・残業は少な目で人より高い年収が欲しい

薬局の収益構造上、なかなか難しいです。

経営者の方から「それを理解していない人材はちょっと…。」と厳しい言葉を頂く事もあります。

 

・家から15分以内

かなり職場が限られてくるので見つかるかどうかは運です

 

・35歳以上で調剤経験がない

薬剤師の資格があれば転職できる時代は終わりました。

なるべく早く調剤経験を積んでおきましょう。

 

製薬会社や治験企業などでお勤めの方は定年までお勤めになる必要があります。

以前のように再就職先としてドラッグストアや調剤薬局はほぼ不可能です。

定年以降は薬剤師の資格にこだわらず職を探す必要があります。

 

 

まとめ

 

薬剤師が多くいる都市部以外ではそこまで厳しい状況ではないです。

他の医療職や一般職に比べても求人は多いです。

ただし、主に40代以上の方が抱いている薬剤師の転職市場のイメージだとギャップに驚くかもしれません。

 

弊社でも転職支援をしております。

何かあればお気軽にご連絡ください! では!