ロマンがある!!女性薬剤師さんの年収について


こんにちは!

寿五郎です!

 

他の職種に比べて夢があるのが薬剤師だと思っています。

 

結論を先に書くと他の職種よりも年収は高いですし、

パートさんの時給も他の職種より高いです。

 

「看護師さんの方が給料もらえる」と話される方も多いですが、

夜勤を毎週1~2回してますし地域による収入格差もあります。

 

そういう意味で女性が選ぶ仕事として薬剤師はとても良いと思っています。

そんな女性薬剤師さんの年収について書いていきます。

 

 

女性薬剤師の年収は高い

 

女性の薬剤師さんも管理薬剤師になれば年収600万円程度になります。

長期で同じ職場に勤務されている方は

年収700万円以上になっていることもあります。

 

国が出している統計情報が見当たらないので私の感覚値ですが

女性薬剤師さんの平均年収は500万程度だと思います。

多くの方が一般薬剤師でこれくらいの金額になります。

病院薬剤師はこれより50~100万円低くなります。

 

一般的な女性と薬剤師の年収を比較してみましょう

 

厚生労働省の発表している平成 26 年賃金構造基本統計調査の概況

を見ると女性の年収が記載されています。

女性238.0千円(年齢40.6歳、勤続9.3年)となっています。

 

新卒時に調剤薬局へ行けば、年収350~400万円程度は貰えます。

また年収が低いと言われている病院でも年収300~350万円程度です。

 

これから比較すると、

女性薬剤師さんの年収がいかに高いかがよくわかります。

 

 

薬剤師は女性が多いのがプラスに働いている

 

平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況

から見てもわかる通り、女性の割合61%を占めています。

一般企業ですと、女性が半数を超えることは珍しいです。

 

女性が多い職種という特性上、

年収も男女変わらず設定されているのだと思います。

 

 

女性薬剤師が年収を上げていく方法

 

これは男女問わずですが一つの職場を長く続けていくことです。

 

昇給率というのがあり、

転職をするよりも結果的には給料が良くなります。

 

先ほども記載しましたが、同じ職場に勤めている方ですと

40代・50代で年収700万円以上になる方もいらっしゃいます。

これは転職ではなかなか実現できない金額です。

 

産休・育休をきちんと取らせてくれる職場はあります。

そういった職場を探すことが重要です。

 

ただし一部の会社さんではどれだけ頑張っても給料が上がらないことがあります。

特にパートさんですと上がらないことがあります。

その場合は交渉するか転職を検討するしかありません。

 

特に新卒時の就職は重要

 

新卒の方の多くが

「通勤時間が思ったよりつらい」

「給料が少ない」

などの理由で退職されます。

 

就職先はしっかりと見極めましょう

 

新卒時に

「人が群がっているから」

「人事の方の感じが良いから」

「大手だから安心」

などの理由で決めてしまった方に起こりがちな転職理由です。

 

新卒から働き続けると、うまくキャリアアップをしていくと

定年近くには年収1000万近くなる会社もあります。

そのうえ、転勤などがない会社もあるの探す際はしっかり探しましょう。

 

初めの会社で信頼をされ、

スキル・キャリアアップしていくことが年収アップへの近道です。

 

 

まとめ

 

女性も高い年収がもらえる薬剤師。

 

もし転職や就職にお悩みの場合はお気軽にご連絡ください。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由