【失敗注意】意外に調剤薬局への転職で後悔する薬剤師は多いです!


 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は調剤薬局から調剤薬局へ。

もしくは他業種から調剤薬局へ転職されたい薬剤師さん向けに、

転職で失敗しない為にすべき事を書いていきます。

 

 

転職失敗する人に多いケースを先に書いておきます

 

あくまで私の経験上ですが

「年収が高くないと!」「年収が600万円以上じゃないと!」

という方は良くない環境に転職してしまうケースが多いです。

今の職場で年収600万円以上もらっている方は転職しない方が無難です。

 

普通に運営している薬局はやはり相場通りの給料にしかならない為、

平均より高すぎる年収の職場はなんらかの問題を抱えているケースが多いです。

もしくは過度な期待をされて入社されることになります。

 

それらに対して「お金が良い」という理由だけで我慢できる方は少ないです。

 

 

お金が心配なら時間の余裕をもって転職をすること

 

先に注意事項を書いておくと、

お金の心配をされる方は転職先が決まってから退職を申し出ましょう。

 

稀に退職を申し出た後に転職活動を始める方がいらっしゃいますが、

焦って転職される方の多くが失敗されます。

 

 

調剤薬局へ転職したい理由がぶれると失敗する

 

なぜ調剤薬局へ転職したいのでしょうか?

転職したい理由は人によって様々です。

 

・年収が安い

・今の職場だと休めない

・残業が多い

・通勤時間がかかりすぎる

 

ご自身が調剤薬局へ転職したい理由を明確にしましょう。

転職に失敗する方の多くが、こちらの理由がブレているからです。

 

なぜ調剤薬局への転職に失敗するのか

 

当初の転職理由がいくつかの求人を見ている中で変化するからです。

 

良くあるケースをお伝えすると、

「通勤時間がかかるから辞めたい」

という方が、年収につられて遠方の職場へ転職されるケースです。

 

年収はアップしたが時間は変わらずに、

ストレスは解消されないというケースはよくあります。

 

当初の転職理由を忘れると結局また転職することになります。

すぐに転職されると無駄に職歴だけ増えてしまいます。

 

 

どうすれば調剤薬局への転職は成功するのか?

 

ご自身の解消したいお悩みをしっかりと理解することです。

そしてそちらが解消できるかどうかをしっかりと確認する必要があります。

 

調剤薬局へ見学へ行くこと

 

通勤時間以外は基本的に見学・面接へ行かなければわかりません。

職場の雰囲気や残業の有無なども見学へ行くとわかります。

調剤薬局ごとに使っている器材や薬歴も違います。

 

年収に関しても行って顔合わせをすると印象がアップすることもあります。

逆にコミュニケーション能力が低いと希望の年収にならないこともあります。

人事担当者側も会ったことがない人の年収を出すのは難しいです。

 

調剤薬局へ見学へ行くのが大変だというのはわかりますが、

通常であれば最低数年は勤めることになる職場探しです。

面倒がらずに見に行きましょう。

 

 

わからないことはしっかり確認すること

 

わからないことはしっかりと確認しましょう。

中小の調剤薬局ですとほぼ間違いなく社長と

管理薬剤師もしくは店舗の責任者が説明してくれます。

 

年収の話は他の従業員の方がいると難しいかも知れませんが、

そちら以外は基本的には答えてくれます。

 

聞きづらいことは同席するエージェントに聞いてもらいましょう。

(会社によっては同席してくれませんし、対応してくれないこともあります。)

 

待遇や条件は書面で残す

 

口頭での確認だけだと言った言わないになるケースもあります。

意外にこのケースは多いです。

 

基本的な「勤務時間」「給料」などは書面に残しましょう。

通常、社判付きで貰えます。

 

それを渋るところは後日待遇を変える可能性があるので止めておいた方が無難です。

トラブっていると話される方の9割がこの雇用条件の関連書類を受け取られていません。

 

 

まとめ

 

調剤薬局への転職を希望する薬剤師さん向けに、

失敗しない為に何をするべきかを記載しました。

 

ぜひ実践してみてください。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由