意外に知らない!他の薬剤師さんが苦労している事ってなんだ?

意外に知らない!他の薬剤師さんが苦労している事ってなんだ?

 

こんにちは!

寿五郎です。

 

今回は転職時に頂く今の職場で苦労している点を書いていきます。

今就職・転職を考えている方の参考になれば幸いです。

 

 

通勤時間が長い

 

通勤時間が片道60分を超えてくると辛いと感じてくる人が増えます。

片道90分になるとかなり大変です。

これを理由に退職を検討される方は非常に多いです。

 

通勤時間がどうにもならないとかなり苦労します。

もし就職・転職をする際は片道どれくらいまで対応するのか聞きましょう。

 

 

残業時間が長い

 

残業が多い職場ですと月40~60時間になります。

調剤薬局、ドラッグストア、病院のどちらでも多い職場ですとこれくらいです。

MRの方はこれ以上になることもあります。

病院と24時間営業のドラッグストアですと夜勤が発生することもあり、これも大変です。

 

 

薬歴が溜まっていく

 

人手が足りていない職場で調剤業務に携わっていると薬歴が溜まっていきます。

この業務にご苦労される方は多いです。

土曜日の午後や夜間帯にまとめて対応される方もいらっしゃいます。

 

 

職場の雰囲気が悪い

 

業務・残業が多く通勤時間が長いと疲弊してきます。

結果的に人間関係もギスギスしてきて職場の雰囲気が悪くなります。

ここまで来ると負の連鎖で人がどんどん辞めていきます。

 

 

キャリアアップへの不安

 

長時間労働が続くと勉強会に出たりする時間もなくなります。

調剤薬局の場合、店舗が固定されていたり異動が出来ない環境ですと

毎日同じ科目の処方箋を対応することになります。

そういった理由から将来に不安を感じる方もいらっしゃいます。

 

エージェント目線でお伝えするのであれば、やはり認定や専門などの資格は取得された方が良いです。

また色々な科目や在宅の経験を持たれている薬剤師の方の方が転職が有利に運びます。

 

 

立ち仕事で辛い

 

年齢を重ねてくると立ち仕事が辛くなってきます。

会社によっては薬歴入力時に椅子に座れます。

相談してみましょう。

 

 

一人薬剤師は不安

 

人間なのでミスをしてしまうこともあります。

自分一人では不安と言う方もいらっしゃいます。

 

 

処方元のドクターとの関係性

 

処方元のドクターの性格がきついと苦労することもあります。

こちらの対応に苦労され辞める方もいらっしゃいます。

会社自体が良い関係を築く努力をしないと解決は難しいです。

 

 

患者さんとの関係性

 

地域性や処方元の科目などによりますが、

性格が荒い患者さんが多くくる薬局も中にはあります。

女性が多い職業なので苦労される方も多いです。

 

 

会社の業務がグレー

 

かなり少ないですが会社の業務が限りなく黒に近いグレーという方も中にはいらっしゃいます。

ご自身の力ではどうにもならないケースが多く、心労が絶えないようです。

 

 

まとめ

 

転職のご相談を受けていて皆さんがご苦労されている点を書いていきました。

ご自身の転職時の参考になれば幸いです。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由