誰も教えてくれない情報・テクニック

人間関係で悩んでいる薬剤師さん向け【3つの解決法】

こんにちは!

寿五郎です!

 

人間関係で悩む薬剤師の方は多いです。

特に病院勤務の方に多いイメージです。

 

 

人間関係で悩んでいる薬剤師さん向け

 

転職エージェントをしていて一番多いのが人間関係による転職相談です。

 

「一緒に仕事をしている人が私ばかりに仕事を振ってきて働かない」

「忙しいのに全く他の人が手伝ってくれない」

「人が少ないのに上司は人を入れてくれない。」

などです。

 

そういった人間関係のお悩みも出来れば解決し、

転職をしないほうが良いので解決できる方法を記載していきます。

 

 

1.当事者同士で話し合ってみる

 

基本的な事ですが当事者間で話し合う方は意外に少ないです。

 

「冗談で話したことが人づてに伝わって関係が悪くなった」

ということも結構あります。

 

「人づてに話し合っているうちに悪化してしまい口も聞きたくない」

という人間関係の悪化もあるで要注意です。

そういった誤解も含め、一度話し合ってみることをオススメします。

 

第三者に同席してもらう

 

二人きりで話してみるのが不安でしたら、

上長の方や信頼できる方に同席をお願いして三人で話し合ってみるのも一つです。

相手が物分りのいい人であれば解決しますが、本当に癖のある人でしたら解決しません。

 

ただその場に上司を立ち合わせることにより

「どうやら○○さん(相手)の人間性や行動に問題がありそうだな」

と思わせることが可能です。

 

こういった場合にこれ以降で紹介するシフトや店舗異動の件がスムーズになってきます。

また賞与や昇給にも関わってくるので感情論ではなく事実として証言できるように冷静に対応することを心がけましょう。

 

 

2.シフトをずらしてもらう

 

こちらはドラッグストアの勤務かパートさんでの勤務に限ってきます。

 

完全に合わなくなることは難しいかも知れませんが

一緒に働く時間を減らすことにより、精神的なストレスも減ってきます。

人間関係で悩まれていることを上司に話してみるのも一つです。

 

自分以外にもストレスを共有する

 

自分以外で仕事をしている方もストレスを感じることが増えてきたら、わかりやすく言うと味方が増えます。

相手に嫌がらせをするのではなく、客観的な事実として人事担当者や上司の方に対応してもらいやすくなります。

 

 

3.店舗異動をする

 

人間関係が悪いと業務に悪影響を及ぼします。

複数店舗がある時は異動してみるのもひとつです。

同じ企業の中での店舗異動でも人間関係が変わるので、精神的なストレスは減ってきます。

 

通勤時間などもあるので

「家からの通勤時間」と「人間関係」のどちらを取るかなどになってきます。

 

転職も一つの手段だが・・・

 

転職されるとなったときに、

近隣での薬局はすぐに見つかりますが時給や年収が高い薬局はなかなか見つかりません。

 

東京ですと平均時給2000円程度ですので、

現在の収入がそれより高い場合は

同じくらいの時給の職場があるか相談されたほうが良いかもしれません。

 

 

それでも解決しない場合

 

人間関係が本当に辛い場合は転職もひとつの手段です。

 

それが原因で精神的な病を抱えてしまったり、

お仕事自体が出来なくなってしまう方も少ないですがいらっしゃいます。

そうなる前に転職をされたほうがいいです。

 

精神的な病にかかられるとご本人が本当に大変になります。

こういった病にかかる方の多くが人間関係でお悩みになっています。

 

再就職するのにもかなり大変になるので、

病気になりそうだと感じたら思い切って辞めてしまうのもひとつです。

 

 

転職する際の注意点

 

「人間関係がいい職場を教えてください!」

というご相談を頂きますが、これが少し難しいです。

 

理由は他の方にとっては良い人かも知れませんが、

ご自身にとっては得意ではないタイプの方かも知れないからです。

 

これは価値観になってきてしまうので、どんなエージェントも判断に悩みます。

安易に「ここの人間関係は良いですよ!」と薦めてくるエージェントには根拠を確認しましょう。

 

 

まとめ

 

人間関係で悩まれたらまずは出来ることからしてみましょう。

病気や出社拒否になるのであれば転職しましょう。

転職の際は良く人間関係や社内の雰囲気を確認してから内定を受諾しましょう。

 

以上です。

では!