仕事のうまい探し方

【必見】東京の薬剤師さんが高収入の求人を探す方法!

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は高収入の求人を東京で探す方法について書いていきます。

東京都内だと高収入の求人は探して年収600万円がマックスです。

店舗をかけもちしたり、残業をたくさんして650万円になる方もいらっしゃいます。

通常はだいたい年収600万円程度となります。

残念ですが都内近郊の薬剤師に高額年収を出す時代は終わりつつあります。

 

 

東京都内での高収入求人の探し方

 

私がエージェントなので宣伝のようになってしまいますが、

高収入の求人はエージェントに頼むのが一番早いです。

それは東京近郊でも同じです。

ハローワークに載っていない求人を見つけてくれたりもします。

 

「年収が高ければそれ以外はなんでもいいよ!」

という方は多いです。

 

求人票の数字だけ見て決める方も多いですが、

どれだけ年収が高くても人間関係がつらければ精神的に参る方も多いです。

しっかりと検討しましょう。

 

 

都内だと年収600万円が上限です

 

東京都内での高収入求人は年収600万円がほぼ上限です。

ごくまれに年収620万円の求人もでますが、

23区外になることがほとんどで1人薬剤師になる可能性も高いです。

 

「一人薬剤師ですべてを行う」

「週休1日にして労働日を増やす」

などは別ですが一般的には年収600万円です。

 

 

高収入の求人にこだわりすぎると・・・

 

「絶対に高収入でなければ嫌だ」

という方が中にいらっしゃいます。

 

その場合、ご自身のスキルが伴っているかが極めて重要になります。

年収が高いということは期待値も高いです。

 

一般薬剤師として入社しても

「いや年収600万円なんだからそれくらいやりましょうよ」

とストレートに言われることもあります。

そちらをストレスに感じてお辞めになる方もいらっしゃいます。

 

「年収が高い=求められるものも高い」

ということは強く認識しておきましょう。

 

あたり前ですが

「年収を高く支払っているのだから仕事をしてほしい」

と言われます。

 

 

年収600万円以上はどうすればいい?

 

同じ職場で勤務してキャリアアップしていくしかありません。

 

「今の職場で年収700万円だから転職して同等以上を実現したい」

というのは東京都内ではほぼムリです。

複数店舗をかけもちするラウンダーでも600万円は厳しいです。

 

ベストは勤め先のの法人でキャリアアップをしていくことです。

もしくは小さい薬局で管理薬剤師として経験をつまれ、

独立をしてうまくいけばそれ以上となります。

また会社の規模によってはエリアマネージャーというポジションもあります。

 

 

まとめ

 

東京都内の高収入の求人の探し方を書いていきました。

年収が上がるとプレッシャーも上がるので

自信がない方はほどほどにしておきましょう。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に!

 

では!