誰も教えてくれない情報・テクニック

【恐怖】かかりつけ薬剤師をやりたくない時の対処方法【どうする】

かかりつけ薬剤師をやりたくない時の対処方法

 

こんにちは!

寿五郎です。

 

今回はかかりつけ薬剤師をやりたくない時の対処法を書いていきます。

結論を先に書きます。

 

身も蓋もない言い方ですが、会社の方針でかかつけのノルマがある会社では

かかりつけをやりたくないというのは通らないでしょう。

 

弊社はあまり転職を勧めない方針ですが、

どうしてもかかりつけ薬剤師がやりたくないという方は転職するしかないです。

かかりつけを積極的に行っていない薬局もたくさんあります。

ただそれ以外の業務(施設在宅や透析)を行っているケースが多いです。

 

まずは上司や社長と話し合いの場を設けて話し合ってみましょう。

会社として何か意図をもっている可能性もありますし、

退職するくらいであればかかりつけをやらなくても良いと話される会社もあります。

 

 

会社の決定ならかかりつけ薬剤師を断る方法はない

 

先ほども書きましたが会社の方針でかかりつけのノルマがあるような会社は基本的には断れません。

 

パート・アルバイトであれば受けなくても良いという会社もあるかもしれません。

それであれば正社員から雇用形態をパート・アルバイトに変えてもらいましょう。

待遇面は落ちますのでそこまでして拒否すべきなのか、という話にもなってきます。

 

 

かかりつけ薬剤師に対する考え方を聞いてみる

 

職場の上司やマネージャー、社長にかかりつけ薬剤師に対する意見を聞いてみましょう。

普通の職場はこういった制度を真剣に考えています。

 

「私も消極的だけど会社の方針なのでやるしかない」という答えが返ってくるかもしれません。

かかりつけ薬剤師を断ることは難しいかもしれませんが、

近い気持ちで働いている人が身近にいるということは安心感につながります。

 

 

かかりつけ薬剤師が嫌であれば転職も一つ

 

かかりつけ薬剤師が嫌で転職するのであれば、

かかりつけ薬剤師に対する取り組みを具体的に見学・面接時に聞いてみましょう。

 

最近はこのブログの記事の盗用が多発しているので具体的な回答は控えますが、

責任者の方それぞれいろいろな考え方があるので興味深い話し合いになるはずです。

 

納得できる考え方の上司や社長がいる職場に転職すれば、

自分の意に反してかかりつけ薬剤師のノルマを課せられることなどはほとんどないでしょう。

 

 

まとめ

 

かかりつけ薬剤師をやりたくない時の対処法を書いていきました。

会社の方針なら断れないことがほとんどですし、

どうしてもということであれば上司に相談してみましょう。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に。

 

では!