給料・年収などについて

【秘策】誰も語らなかった薬剤師の年収アップ方法!読んでみる?

こんにちは!

寿五郎です!

 

薬剤師さんが年収アップする方法を書いていきます。

今回は転職するケースを書いていきますが、

今の職場での昇給ということであれば人事の方に相談してみてください。

一番は同じ職場で勤続し昇給していくことです。

 

 

年収アップはエージェントに交渉してもらう

 

宣伝のようになってしまいますが

一番簡単なのは転職エージェントに交渉してもらうことです。

 

年収交渉を依頼するとすんなりアップすることもあります。

ただし都心部は年収600万円が上限になりつつあります。

 

ご自身で人事担当者や面接官に

「あと年収30万円上がるのであれば御社へ入りますよ!」

と言い切れる方は少ないと思います。

そこはエージェントに頼んだ方が楽な部分です。

 

余談ですが「年収400~700万円」など、

求人票などで振り幅が大きい所は、

マックスの年収を貰えないことがほとんどです。

 

仕事探しと家探しは近いです

 

交渉に関しては不動産屋と近いです。

仲介をしてくれる不動産屋の担当者によって色々と変わってきます。

 

礼金をなくしてくれたり、

仲介料を安くしてくれたり様々だと思います。

 

エージェントも年収は上がらない場合に

住宅手当を付ける交渉をしてくれたり、

異動や転勤が発生しないように交渉してくれたり様々です。

 

紹介会社に関しても規模ではなく、

ご自身の担当者がしっかりしているかを基準に考えましょう。

合う合わないはやはり人間なので発生してきます。

 

 

年収アップに繋がりやすいスキル

 

年収アップしやすくするスキルをお伝えします。

一番早いのは管理薬剤師を経験することです。

ただし加算を取っている会社さんは、

加算を取れない方は管理薬剤師に配置しない可能性があります。

最近は在宅が増えているため、自動車の運転スキルを求める会社も増えています。

 

 

マネジメント経験は重要

 

マネジメント経験がある方は優遇される傾向があり、

現場の責任者となる管理薬剤師の経験者は優遇されます。

 

またいざという時に管理をお願いできるというのも

採用する側としては心強いです。

 

コミュニケーション能力

 

薬剤師さんも患者様やお客様を接客します。

その為、コミュニケーション能力が高い薬剤師さんは評価されやすいです。

 

コニュニケーション能力とは難しく考えすぎる必要はなく、

「明るく笑顔で挨拶できる」

と考えて頂ければいいかと思います。

意外に難しいものです。

 

 

こうなると年収アップは難しいかも

 

30代や40代までに転職を繰り返している男性は年収アップが難しくなります。

3年程度で転職を繰り返す方もいらっしゃいます。

 

転職を繰り返す程、年収は上がりづらくなります。

転職を続けると新卒程度の年収に下がることもあります。

 

転職でアップできる年収は600~650万円が限界です。

一般薬剤師ですと500~550万円です。

 

勤続年数により年収もアップしていきます。

ある程度、転職で年収アップをしたら勤続するようにしましょう。

 

女性に関しては産休、育休、旦那さんの転勤などがある方多いため、

あまり影響はしません。法人側も比較的寛容です。

 

 

まとめ

 

年収アップをするにはエージェントに頼むことが一番早いです。

しかし担当者によってムラや相性があるのでしっかり判断しましょう。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に。

 

では!