【要注意】薬剤師の最低年収?最悪、再就職できなくなります。


【要注意】薬剤師の最低年収?最悪、再就職できなくなります。

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は薬剤師の最低年収を調べている方に向けて書いていきます。

先に書くと年収は350万円程度です。

また転職を繰り返すと年収うんぬんではなく再就職できなくなるので気を付けましょう。

 

 

薬剤師の最低年収は320万円程度

 

薬剤師の最低年収は320万円程度です。

新卒で病院に勤めた薬剤師の方でいらっしゃるかもしれません。

 

また一部の調剤薬局さんでも

新卒だからという理由で320~350万円程度になることがあります。

通常400万円程度は貰えるので年収が気になるのであれば違う会社へ行きましょう。

 

 

転職を繰り返すと再就職が出来なくなる

 

最低年収は上記に書いたので最悪の結果を書いておきます。

転職を繰り返すと再就職は出来なくなります。

(このサイトでも何度も記事に記載していますが。)

男性ですと年齢によりますが40代で転職回数が5回以上の方は要注意です。

 

平均勤続年数を出してみる

 

ざっとですが、ご自身の職歴を社数で割ってみるとわかりやすいです。

(例)職歴20年÷社数6社=約3.5年(平均勤続年数)

 

1社あたりの平均勤続年数が3年以下の方はかなり厳しいです。

20代、30代であれば若さで採用してもらえますが、

40代になると風当りは強くなります。

覚悟しましょう。

 

 

なぜ再就職できなくなるのか?

 

年収を相場より大幅に下げても再就職できなくなる可能性は高いです。

最低年収など気にすることも出来ないほど絶望的な状況になってしまいます。

 

例えば、

「新卒の年収が400万円だから経験はあるけれど年収350万年でも良いです。」

といってもかなりの高確率で断られます。

 

理由は転職を繰り返している方を採用しても

「どうせうちでもすぐ辞めるでしょ?」

と人事担当者は思うからです。

 

転職回数は重要

 

また転職回数が多いと「協調性が高くない」というイメージがついてしまいます。

経験豊富だけれども協調性が高くないと、職場の人間関係がギスギスします。

それを不安視されて多くの場合、不採用になります。

 

「まだまだ転職できる!」

と思っている方がほとんどですが、突然転職しづらくなるので気を付けましょう。

 

 

まとめ

 

最低年収も重要ですが、転職回数も重要ですというお話しでした。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由