誰も教えてくれない情報・テクニック

「時給を上げたい!!」薬剤師さん必見。交渉術書きました。

こんにちは!

寿五郎です。

 

今回は時給を上げる方法を書いていきます。

先に書いておくと都心部での平均時給は2000円程度になります。

 

 

薬剤師さんが時給を簡単に上げる方法

 

簡単です。時給アップの交渉をすることです。

それが難しいんですけどね。

 

うまく話しを進めていけば時給を上げてもらうことは可能です。

大手さんはなかなか時給アップしないと思います。

 

理由は間に入る人が多いからです。

店長→エリアマネージャー→統括部長のような形で決済まで時間がかかります。

また従業員数自体が多いので、1人の時給を上げることでの他の方へ影響が出てくるためです。

 

 

薬剤師の時給相場はいくら?

 

時給交渉をするためには

「他の薬局がどれくらい給与を支給しているのか」

を知る必要があります。

 

時給の平均は2000円

 

まずは時給の平均を知っていただきましょう。

 

一都三県や都心部だと時給2000円が平均です。

これくらいもらえていれば普通。

これ以下であれば交渉の余地があるということです。

 

時給に関してはドラッグも調剤もそこまで変わりません。

逆を言えば、新卒などにドラッグの年収が高く感じるのは初めだけで伸びシロは少ないです。

それは時給を見ていればよくわかります。

 

 

調剤で時給が高い店は?

 

調剤・OTCだとウエルシアさんが時給2600円前後と高くなっています。

複数店舗の調剤だと一番高いです。

エリアによっては調剤も行う必要があります。

 

ドラッグストアは夜間の時間帯や土日の出勤を求められることも多く、

その為、時給が高めに設定されていることがあります。

 

ドラッグで時給が高い店は?

 

ダイコクドラッグが複数店舗を持っているドラッグでは時給が一番高く、2500円~5000円です。

ただ時給5000円は深夜帯22時~23時の間のみで、通常は2500円です。

 

さすがに23時まで働ける薬剤師さんは少ないので

「5000円出すからあと1時間いてよ!」

という感じに近いでしょう。

 

 

それ以外の時給が高いところ

 

本当に人が足りていないエリアですと時給4000円等の求人もあります。

 

ただどちらかというと、

そういう店舗は週3日の1日4時間勤務などではなく

「正社員と同じ様にフルタイムで働いて欲しい」

ということがほとんどです。

理由はそれ以外のシフトを埋める事が大変になるからです。

 

初めは時給が普通だったのですが、

人があまりに集まらないから給与をあげることにより集めようとしています。

 

こういう求人は立地が非常に不便だったり、

人員が少なく休みが取り辛いなどなんらかの理由があります。

 

よく吟味しましょう!

 

 

時給を上げる交渉をしてみる

 

さてご自身の時給は先に上げた時給より多いでしょうか。

少ないでしょうか。

 

近隣の薬局で募集されているところがあれば、

そちらにご自身の希望時間で働けるか聞いてみるのもありです。

 

例えば、現在働かれている薬局の時給は2100円。

募集されている近隣の薬局は時給2300円。

こういう場合は、そのまま担当の方に伝えてしまいましょう。

 

社長と交渉するのが一番早い

 

社長と話がしやすい環境であれば社長に交渉するのが一番早いです。

交渉方法は簡単です。

 

「近隣の薬局で時給2300円なんですが、

私の時給ってどうにかなりませんか?」

これで大丈夫です。

 

それ以外にも

「保育手当を支給して欲しい」

「賞与をつけて欲しい」

などの交渉は可能です

ただやりすぎると嫌がられるのでほどほどにしましょう。

 

 

「時給アップは検討する」には要注意!

 

薬剤師さんは現在不足しています。

 

新しい薬剤師さんを募集するのにかかる労力と費用を考えれば、

時給アップも断れないはずです。

 

「検討する」などと言われた場合は、

いつまでに答えがもらえるのかも聞いておきましょう。

「検討する」でダラダラと引き延ばす会社は結構多いです。

 

 

時給の交渉に失敗したら

 

時給メインで考えるのであれば辞めてしまうのもありです。

 

例えば近隣の薬局が希望の時給より少なかったとしても、

交渉次第では増やしてもらえます。

 

私の経験からすると、そちらの職場で働かれているパートさんの時給によります。

例えば5年勤務しているパートさんの時給が2100円だった場合、

それ以上になることはほぼ不可能です。

また大手さんですと一律で決まっていることが多く難色を示されることがあります。

 

新しい職場へ転職するリスクもあります。

比較して時給アップよりリスクの方が高ければ止めておきましょう。

 

 

時給で考えたら派遣が一番!?

 

派遣ですと時給2500円~3000円くらいです。こちらはメリットです。

デメリットは急に契約満了になることがあります。

 

雇う側としては派遣会社に1.25~1.5倍支払っています。

つまり高い派遣会社だと時給4500円前後もらっています。

 

派遣はオススメはできない

 

あくまでも人がいない応急処置的な扱いです。

採用側も人件費は抑えたいので新しい人が見つかった場合に契約満了となります。

 

派遣で転々としてキャリアがうまくいかなくなる薬剤師さんを

何人も見てきたのでオススメはしません。

 

 

【番外編】準社員狙いもあり

 

例えば

「週4日ならフルタイムで働ける」

という方も交渉してみる価値があります。

 

ご自身と同じくらいのキャリアの正社員さんが年収500万円貰っているとします。

 

週5日勤務で500万なのであれば、

週4日勤務で400万円貰ってもおかしくないですよね。

 

 

■パートで1ヶ月勤務した場合■

時給2500円×8時間×16日=月給32万 年収384万円

 

実際は年末年始や夏季休暇が入るため、10~20万円落ちるはずです。

これを準社員としてもらうことによって、給与を安定させることです。

 

また昇給の交渉もすることにより、

毎年正社員と同じように給与をアップしてもらうことも可能です。

 

長期的に働くには派遣やパートよりも安定して働くことができます。

 

こちらも大手さんはあまり対応してくれませんが、

交渉は可能なので積極的に持ちかけてみましょう。

 

 

まとめ

 

まずは地域の時給相場を調べて見ましょう。

そして交渉してみる。

交渉の仕方も時給以外にもたくさんあります。

 

寿五郎もエージェントです。

時給に悩まれている方はお気軽にご連絡ください。

 

では!