給料・年収などについて

【要注意】年収が頭打ちになる前に!薬剤師さんが気を付けること

こんにちは!

寿五郎です!

 

薬剤師さんの年収が頭打ちになることは意外にあります。

最悪、年収を減らさないと再就職できないということもあります。

そうならないように書いていきます。

 

 

転職で年収をアップするのには限界がある

 

転職で年収をアップしていくのには限界があります。

調剤薬局・ドラッグストア・病院は年収600万~700万円が限界だと思ってください。

都心部だと600万円が上限に近いです。

 

それ以上の求人もごくまれにありますが、

ほとんどが正社員の方を見つけるまでの

派遣や契約社員としての雇用の場合が多いです。

 

 

転職支援会社には気を付ける

 

弊社も転職エージェントなので言いづらいですが、

一部エージェントで不親切な人は存在します。

 

転職をして頂くことにより就職先の法人から費用を頂戴する為、

その場しのぎの回答をする方がいらっしゃいます。

 

就業できなくなったケース

 

派遣をされていた方になりますが、

「昔はすごく派遣会社から連絡があったのに今は全くない。助けてほしい」

という連絡を頂いたことがあります。

 

また派遣は受け入れ先から見るとあくまで繋ぎなので、

スキルアップ・キャリアアップはしづらいです。

 

転職回数に注意

 

「薬剤師は転職回数関係ないですよ」

と話されるコンサルタントもいますが重要です。

 

1年以内に2回以上転職する方はかなり厳しくなります。

短期での退職をしないよう慎重に職場を選びましょう。

 

体調を崩さない職場で、長期にキャリアアップをしていかなければ

年収は頭打ちになります。

 

年収があがらなくなることは大いにある

 

人事の方から

「そんな職歴多い人にそこまで年収払えないよ」

と言われることもあります。

 

すぐに退職されるかもしれない方を雇用するリスクがあるからです。

転職回数が多い方は年収が頭打ちになるリスクも理解していた方がいいです。

 

キャリアを考えることは重要

 

「ご自身が今度どうなりたいのか」

を考えてキャリアを組んでいきましょう。

 

転職をしてアップする年収には限界があります。

しかし勤続年数が長くなるほど年収が上がる職場もあります。

こういった職場を探されると年収が頭打ちになる可能性は極めて低いです。

 

40代で勤続15年以上の方で管理薬剤師をされている方が

年収700万円以上のケースもあります。

 

 

まとめ

 

転職を繰り返すと薬剤師と言えど年収は頭打ちになります。

最悪、就職が出来なくなることもあります。

気を付けましょう。

 

弊社もエージェントです。

ご相談はお気軽にどうぞ!

 

では!