誰も教えてくれない情報・テクニック

【プロが回答】薬剤師さんの転職に関する疑問に回答!

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は薬剤師さんからよく頂く転職に関する質問や疑問についてお答えしていきます。

 

 

薬剤師の転職は簡単?

 

基本的に転職は簡単です。

有効求人倍率は2019年の時点で4倍を超えています。

人手が足りていないと言われる介護や看護師でも求人倍率は2~3倍です。

 

条件をつけすぎなければほぼ見つかります。

見つからない方の多くが条件をつけすぎているからです。

 

ただし職歴が多い方や年齢が高い方も見つかりづらくなっています。

また「家から近くて高額年収で土日休み」などもほぼ見つからないです。

 

 

転職で必要な書類は?

 

採用試験の段階では顔写真付きの履歴書と薬剤師免許のコピーです。

職務経歴書の提出を求められることはあまりありません。

心配でしたら職務経歴書も持っていけば大丈夫です。

 

就職が決まりましたら、保険薬剤師の登録証や薬剤師免許の原本などの提出を求められます。

源泉徴収票の提出を求められることも稀にあります。年収を偽るのは止めておいた方が無難です。

 

 

転職する際の注意点は?

 

「なぜ転職をしたいのか」

「次の職場に何を求めるのか」

をしっかり整理するようにしましょう。

それがブレてしまい転職に失敗される方はいらっしゃいます。

 

例えば

「残業が嫌で転職することにしたのに、年収が多い忙しい職場へ転職した」

のような方は意外に多いです。早期退職されることが多いです。

 

 

転職する際の確認事項

 

転職する際、年収や勤務時間など重要な事項は書面で貰いましょう。

呼び方は様々ですが雇用条件通知書という名称が一般的です。

 

ごくまれに入社直後に条件の変更を行う職場があります。

そういった際に口約束ですと言った言わないになってしまいます。

 

書面に残してもらうことにより、きちんとした職場だと判断にもなります。

 

 

薬剤師の転職の決め手をどうすればいい?

 

ご自身の希望するものを10個程度書きだしてみます。

その中で上位3つクリアしていれば転職していいと思います。

 

転職においてすべての要望をクリアすることはほぼ不可能です。

もし10個程度の要望が全て実現されているのであればそれは素晴らしいです。

基本的にそういった職場は見つからないので運です。

 

 

薬剤師は転職を繰り返すとどうなる?

 

転職を繰り返すと転職が出来なくなります。

特に男性はその傾向が強いです。

 

転職が出来たとしても年収を大幅に下げなくてはいけなくなります。

ある程度の年収まで行きましたら、

ご自身が長期的に勤めることが出来る職場をさがしましょう。

 

 

薬剤師は転職でスカウトされるの?

 

法人がスカウトメールを送ることが出来る求人サイトに登録されれば別ですが

俗にいう「ヘッドハンティング」のようなことは基本的には起きません。

 

エージェントや求人サイト以外で転職をされる方は、

なんらかのタイミングでその会社の方と知り合いになって転職をされることが多いです。

 

例えば、

「子どもの同級生に薬局の社長がいた」

「習い事の先に薬剤師さんがいて勤務先の職場を紹介してもらった」

「勉強会に出たらその勉強会で仲良くなった方から勤務を勧められた」

などです。

 

 

まとめ

 

よく頂く転職に対する疑問・質問にお答えしてきました。

弊社も転職エージェントです。

なにかあればお気軽にご連絡ください!

 

では。