誰も教えてくれない情報・テクニック

薬剤師は入社3か月での転職も可能!ただ次は慎重にならないと・・・。

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は入社3か月で転職を考えている薬剤師さん向けに書いていきます。

 

結論を先に書くと、新卒や転職回数が少ない方は辞めるのもありです。

入社3か月でも次の職場はすぐに見つかります。

ただ次の職場はすぐに辞めないようにしましょう。

 

 

「合わない」ならすぐ辞めるのも一つ

 

転職してすぐに合わないと思った場合、すぐに辞めるのも一つです。

1~2日で辞めましょう。

 

「我慢すれば良くなる」と思われる方も多いですが、

職場の雰囲気や業務量は3か月経っても変わることはほとんどありません。

特に入社3か月目の方が職場の雰囲気や改善をするのはかなり難しいです。

 

状況によっては休職も

 

また我慢して病気になる方もいらっしゃいますが発病する前に休職か退職しましょう。

社会保険に加入していると求職中は傷病手当金が貰えます。

加入している長さにより支給要件が変わることもあるので加入している協会に確認しましょう。

 

療養して体調が戻ってから転職活動をしましょう。

 

精神的な病になってしまう方が多いのですが、

なってしまうと転職の難易度が高くなります。

体調不良を感じた場合はすぐに休職されるか退職を視野に入れることをおすすめします。

 

「早期退職」の職歴はどうする?

 

2~3日で辞めた職歴は書類に記載すべきなのか。

ハローワークや労働局、社会保険労務士、弁護士に確認しましたがそれぞれ意見が割れました。

 

退職理由により異なる為、気になる方は

ハローワークや社会保険労務士・弁護士へ確認しましょう。

 

「早期退職は履歴書に書かなくていい」と言われることもありますが、

面接時などに口頭でその旨を伝えた方がトラブルにはなりづらいです。

 

 

次は長期で勤める覚悟が必要

 

早期退職をした場合、次の職場は長期で勤める必要があります。

次も転職してしまうと2社連続となり、

「長く勤務できない人」というイメージがつきます。

 

2社目を入社3か月で辞めても1年で辞めてもほとんどイメージはかわりません。

悪いイメージになってしまいます。

 

次の会社は6年以上勤務されることをお勧めします。

合わせると2社で平均勤続年数は3年程度になります。

 

転職を繰り返すと行き詰る

 

新卒時やブランク明けなどで入社3か月以内に辞めても理解してくれる職場は多いです。

ただ、それを繰り返してしまうと行き詰る可能性が高いです。

 

実際に入社3か月以内での転職を繰り返して、

そちらの県内では再就職できなくなった方が過去に複数名いらっしゃいました。

 

「この前もその方から問合せ来たよ。他の職場に決まったんじゃないの?もう辞めたの?」

と言われることが増えます。

 

そうなるとどうにもなりません。

年収を大幅に下げるか、県外などに転居するしかありません。

 

薬剤師も県内の薬剤師会に入っていて担当者同士が繋がっていることなどあります。

あまり頻繁に転職していると有名になってしまいます。

気を付けましょう。

 

 

まとめ

 

入社3か月以内に退職する方の注意点を書いていきました。

次の職場は慎重に選び、同じミスをしないようにしましょう。

 

弊社も転職エージェントです。

お気軽にご相談を!

 

では!