誰も教えてくれない情報・テクニック

年間休日130日!?薬剤師向け!休みが多い職場の探し方

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は休みが多い職場の探し方についてです。

探し方も含めてお伝えします。

 

年間休日130日以上の職場は多くないです。

余裕を持った転職をお勧めします。

 

先に注意事項を書いておくと、会社によって週休2日の認識が大きく違います。

人事の方はそれが普通だと思っているので、詳しく聞いてご自身で判断する必要があります。

 

「平日1日+日曜・祝日」もありますし「平日半日+午後半日・日曜・祝日」もあります。

祝日がある週に平日1日休みがなくなるところもありますし、

シフトで月8日休みということもあります。

面接や見学時にしっかり確認しましょう。

 

 

休みが多い職場の探し方は簡単

 

ハローワークであれば年間休日の記載があります。

こちらでご自身の希望にあう休日数の求人を探せば大丈夫です。

 

ただ職場によっては半日休みを1日として記載している所もあります。

逆に半日休みを休日にカウントしていない職場もあります。

そちらはよく確認しましょう。

 

年間休日は120日程度あれば多い方です。

ドラッグストアが108日程度です。

 

エージェントに頼むのも一つ

 

エージェントに

「お休みが多い職場が良いです」

と言えば探してくれます。

ハロワや求人サイトで頼むよりは楽です。

 

年間休日の日数をチェック

 

求人サイトでも前年の年間休日が書いてあるサイトを見るようにしましょう。

「完全週休2日」でも祝日が出勤ですと年間休日は110日前後となります。

そちらにお盆と年末年始を足してだいたい120日程度となります。

130日はこれよりも多くなる為、なかなか見つけるのが大変です。

 

 

業種別のお休みについて

 

ドラッグストアは年間休日が減ります。

完全週休2日であっても、1ヵ月8日休みの為、

年間休日が100日程度の会社もあります。

 

その為、お休みを重視される方は調剤か病院をお勧めします。

 

調剤薬局の休みについて

 

基本的に応募する前の段階で確認すれば教えてもらえます。

念のために、処方箋を受けている病院の休みも調べておくと確実です。

 

クリニックや医院に関しては、

「木曜+日曜」「水曜+日曜」が休診のことが多く、

こちらと同じになることが多いです。

 

薬局によっては、クリニックの先生が

お盆やお正月に2週間程度の長期休暇を取るところもあり、

併せてお休みになることも多いです。

 

半日の休日に注意

 

特に調剤薬局に多いですが、

平日の午後休みと土曜日午後休みをあわせて1日に換算する所もあります。

 

半休(0.5日)+半休(0.5日)=1日

という形です。

入社後にがっかりしないようにしっかり確認しましょう。

 

 

病院の休みについて

 

「救急を受けているか」「休日診療はあるか」

等によって大きく変わってきます。

 

病院によっては年間休日が100日程度の所もありますし、

120日以上のところもあります。

 

多くの病院が「4週8休」となっており、

「8日×12か月+年末年始・お盆休み」

で105日程度になることが多いです。

 

お休みが多いかどうかを人事担当者の方に確認するようにしましょう。

 

 

年間休日130日の職場とは

 

ほとんどないです。ただ探せばあります。

「平日+日曜+第3土曜」が休みのような職場です。

 

こういった職場はすぐに見つかるものではないです。

半年から1年かけて転職をするようにしましょう。

 

恐らく通勤時間30分以内などではほとんど見つかりません。

通勤時間を優先するか、休日を優先するかをしっかり考えましょう。

週休2.5日の職場の方が見つけやすいので譲歩してこういった職場を探すのも一つです。

 

 

休みを重視するのであれば

 

なかなか難しいですが、週4日勤務での採用を交渉するのも一つです。

その代わり給料は減ってしまいます。

人が少ない職場では検討してくれるはずです。

 

そのかわり、そういったイレギュラーをOKしてくれる職場の多くが忙しいです。

それをOKしても人手が足りないくらいの職場だからです。

そちらは覚悟していきましょう。

 

 

まとめ

 

年間休日数を気にするようにしましょう。

 

あまり気にしすぎると、

人間関係や給料の部分が良くないということもあります。

ほどよいバランスの職場を探すようにしましょう。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に。

 

では!