【※勤務時間について】調剤薬局の薬剤師が知っておくべきこと

[最終更新日]2018/02/11


【※勤務時間について】調剤薬局の薬剤師が知っておくべきこと

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

転職される際にご相談されることが多い勤務時間。

今回はそんな調剤薬局で勤務される薬剤師さんが知っておくべき、

勤務時間について書いていきます。

 

 

基本的には勤務時間は19時近くになる

 

調剤薬局は平日9時~19時。

土曜日は9時~13時までの勤務がほとんどです。

7割近くの調剤薬局がこの勤務時間です。

 

「9時~18時」「10時~19時」のようにシフト制の調剤薬局もありますし、

「9時~19時」という1日9時間勤務を求められることもあります。

 

1日9時間勤務の場合は週40時間制となり、

平日4日勤務+土曜日4時間の合計40時間となります。

残業時間は薬剤師の人数に比例している気がします。

 

勤務時間は併設している病院次第

 

基本的に勤務時間は併設している病院やクリニック次第です。

 

先生の意向で開院時間を少し過ぎても患者さんを受け入れる所もありますし、

その逆で受付時間自体を少し早めに設定し、

なるべく早く帰ることが出来るようにしている職場もあります。

 

 

18時までの勤務時間の調剤薬局は?

 

良くいただくご相談。

「平日18時くらいまでで土日は休みたいんですが・・・」

こちらはほぼ間違いなく総合病院の門前しかありません。

そういう総合病院を見つけてそこの門前調剤薬局に勤務すれば大丈夫です。

 

ただ多くの場合、大手さんが出店しています。

また大手さんは配属先を選べない可能性が極めて高いので、

そこの調剤薬局へ勤められる可能性は低いです。

 

そうなると他の調剤薬局になるのですが、

数が多くない為募集枠も多くありません。

「どうしても」という方は定期的に確認するしかありません。

 

 

パートさんも勤務時間次第

 

「パートだと勤務時間を選べる」という方は多いですが、

そんなことはありません。

 

多くの薬局では午前中のみや15時くらいまでの勤務は受け入れてもらえません。

特に小さい薬局では難しいです。

 

なぜ短時間勤務は難しいのか?

 

薬剤師が2名体制などで行っている場合、

帰られるとそれ以降が1人薬剤師になってしまったり、

もう1人の薬剤師さんがお休みを取ることも難しくなるからです。

 

どうしても15時まで帰りたいという方は、

忙しい総合病院の門前にしましょう。

 

忙しい為、人手を求めていることが多く、勤務時間も選べることが多いです。

ブランクがある方や年輩の方には忙しいのであまりお勧めはできません。

 

 

まとめ

 

調剤薬局の勤務時間について書いていきました。

参考になれば幸いです!

 

では!

 


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!