誰も教えてくれない情報・テクニック

【面接必勝法】薬剤師が転職時に聞かれる質問と回答【採用率UP】

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は薬剤師さんが転職の面接時によくある質問と回答例を記載していきます。

地域密着の店舗と大手さんですと面接も大きく違います。

 

ただ大手さんは面接の質問自体がマニュアル化されていることもあり、

主にそちらに対して書いていきたいと思います。

 

 

基本的なミスはしないこと

 

面接の質問とは少し離れてしまいますが、

基本的なミスはしないようにしましょう。

残念ですが不採用になります。

 

・私服で来る

・遅刻をする

・履歴書を忘れる。字が汚く読めない

・履歴書に顔写真がない

・挨拶をしない。元気がない、不機嫌

 

上記は実際に私が同行した際にいらっしゃった方です。

薬剤師も常識がない方は不採用になります。

 

当たり前の事から予想が出来る

 

面接の場に遅刻する方が勤務で遅刻しないでしょうか?

履歴書をきちんとかけない方が薬歴をきちんと書けるでしょうか?

面接で挨拶が出来ない方が患者さんに挨拶できるでしょうか?

 

面接のこういった部分からも、その方の仕事ぶりが予想できます。

当たり前のことを馬鹿にせずにきちんとやることは重要です。

 

面接に行った後に

「良い会社だったので絶対に行きたい!」

と話される方もいらっしゃいますが、遅刻されたら不採用になります。

 

「薬剤師ならどこでも受かる」

というのは大きな誤解なので注意しましょう。

それは10年前の話です。

 

 

良くある質問と回答例

 

前置きが長くなってしまいましたが、

面接で良くある質問と回答例を記載していきます。

 

面接では回答を端的に述べるようにしましょう。

話しすぎると不採用になる確率が上がります。

 

 

なぜ弊社を志望したのですか?

 

「御社を利用したことがあり、働いている方からとても親切に対応していただいたからです。」で大丈夫です。

 

もし利用したことがなければ、

サイトなどを見てその法人が何に力を入れているのかを理解し、

そちらを盛り込むようにしましょう。

在宅や総合病院の門前など色々とあるはずです。

 

「家から近い」「時給が高い」「求人サイトに載っていた」

など回答される方もいらっしゃいますが、

その法人でなければいけない理由になりません。

 

仮にご自身が面接官だとして

「家から近いです」

という志望動機の方に魅力を感じるでしょうか?

 

 

今までの職場でされてきたご経験について

 

入社された場合にどれくらいご活躍頂けるかをこちらから予想します。

正直に今までのご経験をお話しになった方が良いです。

 

具体的には対応してきた科目や処方箋枚数などです。

仮に小児科の門前を受けるのであれば、

過去に小児科の門前で働いていたなど話されれば採用に近づきます。

 

経験がないことや自信がないことは正直に伝えましょう。

過度な期待をされて入ると入社後にその期待に苦しむこともあります。

 

「出来る」と判断され人員が足りず忙しい職場へ入社すると基本的には放置されます。

ご自身が大変になるので出来ないことは出来ないとしっかり面接時に伝えておきましょう。

 

 

業務で気を付けていることは?

 

例えば

「服薬指導をする際にどんな点に気を付けているのか」

「薬歴を書くときにどういう点を意識しているか」

などです。

 

こちらは人により異なりますが、

ご自身が意識されていることや強みを端的に説明できるようにしましょう。

 

 

通勤時間はどれくらいかかりますか

 

遠すぎると通勤で疲弊してしまう可能性があります。

そちらを理由にお辞めになる方は多いです。

 

大雪等になった際に「誰も薬局に来られない」ということも起こりえます。

医療機関は誰かしらが出社しなくてはいけません。

また「遠い中、なぜうちの職場へ?」という意味で聞かれることもあります。

 

特に意味を感じない質問に見えますが、

かかる時間を端的に答えられるようにしましょう。

 

 

「質問ありますか?」という質問

 

事前に10程度は質問を考えていかれた方が良いです。

・薬剤師は何名いるのか?

・処方箋の主な科目や枚数は?

などで些細なことで大丈夫です。

 

「ないです!」と元気よくお答えになる方もいらっしゃいますが避けましょう。

「うちの職場に興味ないんだな」とマイナスにとらえる方もいらっしゃいます。

 

面接の中で解消されているのであれば

「良くご説明頂いたのでございません。ありがとうございます。」

と答えましょう。

 

 

まとめ

 

求人票でイマイチなどの職場が実際はとても良い職場だというケースはあります。

 

繰り返しになりますが、面接などが終わった後に

「良い職場だったので行きたい!」

と話されても、履歴書をお忘れになったり遅刻されるとどうにもなりません。

面接に行かれる際はどんな職場もきちんと準備をしていきましょう。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に。

 

では!