就職活動している薬学生向け

「新卒でも薬剤師は年収600万円貰えるのか?」という話

「新卒でも薬剤師は年収600万円貰えるのか?」という話

こんにちは!

寿五郎です。

 

今日は新卒薬剤師が年収600万円貰えるか書いていきます。

 

結論を先に書くと、離島やへき地の調剤薬局で年収500~550万円。

これに交渉次第ですが家賃補助や奨学金の補助をしてもらう形になります。

会社さんとご自身の熱意次第では限りなく年収600万円に近づくはずです。

 

大手調剤・ドラッグストアさんではうまく行けば600万円近くになります。

病院で年収600万円もらえたら奇跡です。

 

それでは書いていきます。

 

 

大手希望の方

 

ドラッグストアで年収が高いところへ行けば残業代も入れて600万円近くになります。

ご参考までにウエルシアさんの初年度の年収は約517万円です。

 

調剤希望の方は日本調剤さんの奨学金返済サポート制度に応募してみるのもアリです。

こちらも住宅手当や残業を入れると年収600万円近くにはなります。

 

 

僻地・離島でも500~550万円

 

僻地・離島の調剤薬局でも年収500万円程度です。

550万円でればかなり良い方で余程のことがない限り見つかりません。

会社と交渉になりますが、これにプラスして住宅や奨学金の補助をしてくれることもあります。

 

僻地・離島以外で新卒に年収600万円支払ってくれる職場はかなり怪しいです。

慎重になりましょう。

 

 

病院ではほぼ間違いなく無理

 

病院で新卒が年収600万円もらえることはまずありません。

相場が320~350万円です。

本当にそういった病院があれば余程の何かがあるはずです。

しっかり見極めましょう。

 

 

まとめ

 

なかなか新卒で年収600万円は難しいです。

うまい話には裏があることが多いので慎重になりましょう。

 

では!