パートでお仕事を探している方向け

残業したくない!そんなパート薬剤師さんの職場の探し方

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日はパート薬剤師さんの残業について書いていきます。

面接・見学での確認が重要です。

 

基本的にパートさんに残業をお願いする職場は少ないです。

あっても1日5~10分でしょう。

 

「残業ができない」と前提に押し出して職場を探せば

残業を強要される職場と巡り合う可能性は下がります。

残業がある職場はその時点でお断りになることが多いです。

良し悪しで求人数は減るのでそちらは理解したうえで探しましょう。

 

 

入社前にしっかり話を聞くこと

 

入社前にパートでも残業が発生するのかをしっかり確認しましょう。

面接や見学時にしっかりと確認すればミスマッチが防げることは多いです

「忙しければパートさんにもお願いするかも」と言われることもあります

 

患者様が多数お見えの中、帰れない場合もあります。

何時頃が混むのかを聞いておくのも一つです。

 

またその場合、残業はどれくらいの頻度になりそうなのか。

残業代は何分単位で出るのかも聞きましょう。

 

「自分は家庭の都合があり、1日15分以上は絶対に残業できない」

などあらかじめ伝えておくことは重要です。

そうすれば人事側もそちらを考慮して採否を決めます。

 

「絶対に16時には帰りたい」ということであれば、

初めから15時までの勤務で探すのもひとつです。

 

残業代の有無も確認

 

パートさんの多くの方が、

「残業をしているのに残業代が出ない」

という所に不満を持たれています。

 

パートさんを時間内に帰らせてくれるところは、

終了時間の15分~20分前から薬歴を書くように言われます。

 

「時間通りに帰れるのであれば薬歴は15分くらい前から書いていいのか?」

と面接で聞いてみるのもひとつです。

自分の権利ばかり主張する方は不採用になることもあります。

その場の空気で質問してみましょう。

 

正社員は多いのか

 

正社員の方がどれくらいいるのかを確認しましょう。

「パートの自分が帰ると相手が1人薬剤師になる」

というケースは帰りづらいです。

 

ただ2名以上残られているのであれば、

業務量にもよりますがそこまでプレッシャーを感じません。

 

また正社員の1日の残業時間が15分程度の職場で

パートさんの残業が15分以上になることはほぼないです。

気になるのであればそちらも確認してみましょう。

 

朝の掃除について

 

朝の掃除をみんなでしていて

「朝15分前に来て掃除。ただし時給は発生しない」

という職場は意外にあります。

 

それがどうしても嫌でしたら、

ご自身だけ30分~1時間出社を遅くしてもらいましょう。

 

こちらは個人的な意見ですが、

一般企業でも10~15分前に出社というのは比較的あります。

30分なら考えますが、15分前は許容の範囲内かなと思います。

 

 

入って1週間くらいで判断する

 

パートとして数日勤務して数日とも残業が発生するようであれば、

ご自身が事前に聞いていたことと違う事をしっかり伝えましょう。

 

「15分程度の残業はいいが残業代を支給してほしい」

「絶対に残業は嫌だ」

など人それぞれだと思います。

そちらは面接・見学の時点でしっかりと確認しておきましょう。

 

すぐに辞めることも重要

 

もし改善が難しくご自身が耐えられないということであれば

早期にお辞めになることをお勧めします。

 

「中長期的にいれば自然に解決するのではないか」

と思う方もいらっしゃいますが、

やはり自分が動かなければ変わらないことがほとんどです。

 

 

まとめ

 

今回はパート薬剤師さんの残業について書いていきました。

見学・面接の時点でしっかり確認することをお勧めします。

 

残業代などをしっかり支給してくれる所は

確認すればきちんと説明してもらえます。

 

弊社も転職エージェントです!

なにかあればお気軽にご連絡ください。

 

では!