誰も教えてくれない情報・テクニック

仕事が続かない!!そんな薬剤師が知っておかないと怖いこと

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は仕事が続かないとお悩みの薬剤師さんへ

それが続くとどうなるのか。

そして解決方法を書いていきます。

 

 

仕事が続かないとこうなってしまうかも

 

先に書いておくと、仕事が続かないと年収が下がります。

もしくは頭打ちになります。

最悪、転職先がなくなる可能性も出てくるので気を付けましょう。

 

仕事が続かない理由を分析し、それを解消していく必要があります。

 

 

転職が増えると年収が下がる

 

「全国どこでも転居可能。」

「どんなことでもやります!できます!」

という方以外は転職を繰り返すと年収は頭打ちになります。

 

基本的にスキルアップをしていくことにより、

年収が増えていくのが薬剤師のお仕事です。

(薬剤師に限らずすべての仕事が基本的にはそうです)

 

40代だけどスキルが20代の薬剤師さんと変わらない場合、

希望年収が同じなら多くの人事担当者は20代の方を採用します。

 

理由は若い方のほうが教育した時の理解度が早いと言われます。

また会社へ勤務できる年数も20年程度長くなります。

そうなると、40代の方は年収を下げるしかなくなってきます。

 

 

最悪、受入先がなくなる

 

転職を繰り返していくと年収を下げなくてはいけなくなり、

最悪転職先がなくなります。

 

エージェントをやっていると、

「今まで受けた会社が100社以上」

というような方と何名もお会いします。

 

そうすると、その方の在住されている県内の薬局や病院は全て不採用になっている。

もしくは1度勤務されているということが起こります。

そうなると転居される以外に受入先は見つからなくなります。

 

 

長く続けるにはどうすればいいのか?

 

当たり前すぎて恐縮ですが、可能な限り転職をしないことです。

採用する側は当たり前ですが長く勤めてくれる方を求めています。

 

「なぜ仕事が続かないのか」をしっかり考えて職場を探すべきです。

良くあるのが転職活動中に本来の転職理由がブレてしまうというケースです。

ご自身の仕事が続かない理由を解消できる職場をお探しになるべきです。

 

また職場見学へ行き、しっかりと確認しましょう。

どうしても心配ということであれば、1日3~4時間程度体験入社を希望しましょう。

受入先の負担は大きいので本当に気になる場合のみにしましょう。

 

 

まとめ

 

仕事が続かないという薬剤師さん向けに書いていきました。

どんな職場でもうまくいかないことはあります。

それが許容できる範囲なのかどうかもしっかり見極めましょう。

 

どうしても会社員は向いていないという方は独立してみるのも一つです。

最近は医療業界も高齢化が進んでおり、薬局を閉める薬剤師も増えています。

 

弊社も転職エージェントです。

何かあればお気軽に。

 

では!