給料・年収などについて

【要チェック】『薬剤師は転職で高収入を実現できる』って本当なの?

こんにちは!

寿五郎です!

 

さて今日は、薬剤師さんは転職で高収入を実現できるかどうかを書いて行きます。

 

 

薬剤師は転職で収入アップ?

 

先に結論を書くと、転職で高収入を実現できます。

上限を先に書いておくと都心部は年収600万円程度。

全国どこでも可能ということであれば年収700万円程度です。

同じ会社でキャリアを積まれ昇給されるというのも有効な手段です。

 

では書いていきましょう。

 

転職で高収入は実現できるの?

 

先ほど書いた通りです。

転職で貰える上限というのはおおまかに決まっているのですが、

恐らくほとんどの方が転職で現在の年収より高収入になることが可能です。

 

例えば、現在の年収が500万円の方ですと

恐らく年収30~50万円はアップされたいはずです。

ご自身のキャリアやスキルによりますが、基本的には可能です。

 

高収入は今までのキャリアによる

 

ご自身のキャリアにもよりますが、

うまくいけば100万近くプラスすることも可能です。

 

この場合、スキルに収入が比例していなかった方が

転職をすることにより大幅に収入がアップします。

 

転職を繰り返していると思うように

給料が上がらなくなるので気を付けてください。

 

 

転職で高収入を実現するコツ

 

基本給などは上がらなくても、

福利厚生や手当てという形でつけてもらうことができます。

 

例えば、

「年収が500万円は今と変わらないけど家賃手当てを毎月3万円貰う。」

などです。

結果的には年間36万円アップしています。

 

 

都市部で働く?地方で働く?

 

都市部で働くか地方で働くかで、

転職で実現できる高収入の金額が違ってきます。

 

都市部ですと年収600万円が限界です。

残業代込みであれば630万円近くもらえる場合もあります。

 

地方ですと、年収700万円くらいの求人もあります。

それぞれの探し方をお伝えします。

 

 

都市部の場合

 

「人数が足りていない」と言われる薬剤師でも

都市部は他のエリアに比べて薬剤師さんが多いです。

 

その為、年収600~630万円が転職では限界です。

人によっては高収入と感じない人もいらっしゃるかと思います。

 

この場合、これ以上多く貰う為には労働時間を増やしてもらう必要があります。

 

労働時間を増やすと収入も増える

 

通常8時間勤務を毎日2時間残業する。

土日のいずれかを勤務するなどです。

 

単純に時給3000円が残業をすると1.25倍の時給3750円となります。

1日2時間の残業で7500円。20日続けると15万円。

年間だと180万円のプラスとなります。

 

年収780万円は高収入の部類に入るのではないでしょうか。

ただし管理薬剤師などは契約によってはすでに残業代を含んでいることがあります。

会社の意向としてそこまで勤務させることは出来ないと言われることもあります。

 

 

地方の場合

 

年収650万円前後の求人は都市部以外でしたら比較的見つかります。

こちらに転職することが高収入を実現する近道です。

 

地方部が高いのは、年間休日が少なかったり、

毎月の残業時間が通常の薬局より多い為、

初めから年収を高く設定していることが多いです。

 

そういう意味では都市部で残業して

高収入を実現するのと感覚的には似ています。

初めから残業する前提かどうかの違いですね。

 

 

高収入を実現するコツは長く続けること

 

高収入を実現するためには長期間働かなくてはいけません。

役職に就かないと年収の限界があるからです。

 

マネージャーや部長など役職は会社により違いますが、

社内で信頼を勝ち取り、役職と昇給を手に入れましょう。

 

そういう意味で、転職をする際にもご自身に合う職場を探さなくてはいけません。

 

 

まとめ

 

薬剤師さんが転職で高収入を実現するのはそこまで難しくないです。

しかし、ある一定の水準以上は難しくなります。

 

慎重に自分に合う職場を探してみてください。

 

弊社も転職エージェントです。

いつでもご相談ください!

 

では!