給料・年収などについて

【必読】薬剤師さんのボーナスを徹底解説!!損をしない為に。

こんにちは。

寿五郎です!

 

今回はボーナスについて解説しました。

 

ボーナスの平均とボーナスの計算方法。

派遣薬剤師のボーナス事情。

そして、ボーナス後の転職についてす。

 

それぞれ順に書いて行きます。

不要な部分は飛ばして読んでいただけると幸いです。

 

 

薬剤師のボーナス平均はこれ!

 

厚生労働省が出している

「平成26年賃金構造基本統計調査」

から会社の規模別に薬剤師のボーナスを見てみましょう。

 

1000人以上の職場

平均年齢 34.7歳 平均月収36.2万円 年間賞与80.5万円

 

100~999 の職場

平均年齢 38.9歳 平均月収35.4万円 年間賞与69.2万円

 

10~99人の職場

平均年齢 44.5歳 平均月収42.9万円 平均賞与94.6万円

 

全ての合計平均値

平均年齢 38.6歳 平均月収37.6万円 年間賞与79.9万円

 

いかがでしょうか?

薬剤師自体の平均となっているので、

病院・調剤薬局・ドラッグストア全てが入っているはずです。

 

恐らく病院の方はこれよりボーナスが少なくなるはずですし、

ドラッグストアはボーナスが高くなるはずです。

 

 

薬剤師のボーナスの平均を見てわかること

 

10~99人の職場の職場の賞与を合わせて

年収が一番高くなっています。

 

平均月収とボーナスを足すと年収609.4万円になります。

一般薬剤師も含む金額なのでこれはなかなか高額といえます。

 

社員数が増えることにより、社員の平均年齢も下がっていきます。

 

つまり新卒の方は大手さんに行きやすく、

30代で薬剤師さんは1000人以下の薬局に

転職する傾向が強いということです。

 

キャリアがある方は規模が小さい薬局はお勧め

 

人数が少ない薬局は社員教育をせずに即戦力となってくれる

経験豊富な薬剤師さんに対しては

賞与を多く払っていることがわかります。

 

実際に転職をされる方の多くが

地域密着の異動が不要な薬局を希望されます。

 

 

 

ボーナスを確認するときの注意点

 

ボーナスの計算方法をよく勘違いされている方が多いので、

こちらで説明しておきます。

 

一般的にボーナスは基本給をベースに計算します。

 

家賃手当などはボーナスを計算する際に含まれません。

あくまで基本給をベースとしています。

 

データを元に計算してみましょう

 

先ほどの厚生労働省のデータを見てみましょう。

「平均月収37.6万円 年間賞与79.9万円」となっています。

 

よく求人サイトなどにある、

「賞与は年間●ヶ月分」という形ですと、

厚生労働省の平均値は年間で2ヵ月分程度しか支払われていない計算です。

 

しかし、求人サイトや法人が運営しているサイトでの多くは

「年間4か月分」や「年間5.5ヶ月分」

という数字がよくあります。

 

この違いは先ほどお伝えしたとおり、

基本給をベースにしているからです。

 

正確に計算をしてみます

 

下記の給与を元に計算してみます。

「基本給20万円 + 家賃手当10万円 = 月給30万円」

 

ボーナス4か月分と聞くと、

月給30万円 × 4 = 120万円」と計算してしまいますが、実際は

基本給20万円 × 4 = 80万円」となります。

 

薬剤師ではあまりありませんが、経費削減の為なのか、

月給30万円の内訳で基本給13万円の会社などもあります。

 

そして「賞与を5ヶ月」などにして、

社員に多く還元しているイメージを作り出しています。

 

ご自身でボーナスを算出するときは、基本給を元に計算しましょう。

※会社によっては月給からボーナスを算出する会社もあります。

 

転職時に「年収でどれくらいもらえそうなのか?」を聞きましょう。

そうすれば、月収と賞与を合わせた年収で教えて貰えます。

 

 

派遣薬剤師にボーナスはない!?

 

基本的には派遣にはボーナスはありません。

 

経営者が

「派遣社員にもボーナスを配布する!」

という会社はごくまれにありますが、99%の会社が支給しません。

派遣社員は派遣会社の従業員で勤務先の従業員ではない為です。

 

 

薬剤師のボーナス後の転職について

 

ボーナス後は転職される方が多いです。

では求人が減るかといわれるとそうではありません。

ボーナス前後で求人数は変わらないので気にしすぎなくて良いです。

 

転職後のボーナスについて

 

初めてのボーナスは支給がないか寸志(金一封)になることがほとんどです。

 

ボーナスの査定期間が

「夏であれば1月~6月。冬は7月~12月」(会社により多少異なる)

になるためです。

 

 

パート薬剤師でもボーナスはもらえるの?

 

パートでもボーナスを支給してくれる会社はあります。

 

あくまで業績と会社への貢献度が重要になる為、

週12時間勤務の方と週40時間勤務の方では金額は変わってきます。

 

「たくさんもらえるかも!」

と期待するとがっかりすることも多いです。

あくまで寸志程度だと思っておいた方がいいです。

 

 

まとめ

 

今回は薬剤師のボーナスについて書いていきました。

会社への貢献が大きい方が多く貰える傾向が強いです。

 

みんなで職場を盛り上げていきましょう!

では!