病院薬剤師の悩み!みんなどうやって解決しているの?

[最終更新日]2018/03/21


病院薬剤師の悩み!みんなどうやって解決しているの?

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今回はすでに病院で働かれている方向けに書いていきます。

これから病院での勤務も考えている方も読んでみてください。

 

 

悩みは適切な人に相談

 

悩みを抱えている方は誰かしらに相談します。

その際に適切な人に相談しましょう。

 

傾向として転職経験がある方に相談すると転職をすすめがちです。

また一つの職場で長くお勤めになっている方はあまり転職をすすめません。

 

その方に決裁権はあるのか?

 

決裁権のない先輩に相談しても

「我慢しないとダメだよ」

「石の上にも3年だよ」

などと言われることもあります。

 

例えば給料を上げて欲しいけれど、

その権限がない方に話しても解決には近づきません。

 

本当に悩まれていて、辞めるか辞めないか悩んでいるのであれば、

決裁権がある上司や責任者の方へ相談するようにしましょう。

 

それでは病院薬剤師さんがよく頂く悩みを書いていきます。

 

 

病院は給料が安い

 

病院は給料が安いです。

療養型や精神科は高いですが病院薬剤師としてのキャリアにならないことがほとんどです。

 

特に転職する前などは

「こんなに低いの?」

と思ってしまいます。

 

ただ残業や夜勤の手当を除いていることがほとんどで、

そちらを含めて計算するとそこまで低い金額にならないこともあります。

 

給料が低いときは

 

正直に上司に相談してみるのも一つです。

募集をかけても人が集まりずらい地域などは

給料をアップしてくれることもあります。

 

国公立の病院などは人事考課を別の部署が行っていることも多く、

思ったように交渉できない可能性はあります。

 

転職される前であれば考慮してくれることもありますが、

未経験だと限界があります。

 

 

同じ業務ばかり任される

 

薬剤師が10名を超えてくる大きな病院だと、

入職したばかりの病院薬剤師は

「1年間調剤業務のみ」などあります。

 

そちらが悩みの原因であれば、

こちらも一度上司に相談してみましょう。

 

先輩に相談されて断れる方もいらっしゃいますが、

薬剤部の責任者に相談されることをお勧めします。

 

先輩は自分にその業務が回ってくる可能性があるので良い顔はしないかもしれませんが、

責任者は辞められて人数が減るならと対応してくれることもあります。

 

 

夜勤がある

 

病院のサイトに「救急」の文字がある病院は夜勤がある可能性が高いです。

まれにない病院もあります。

 

夜勤は若いうちはいいのですが、

年齢を重ねていくうちにつらくなってきます。

 

薬剤師ではないですが、同じ医療従事者の看護師さんは

そちらが原因でお辞めになる方も多いです。

 

お勤めの薬剤師人数によりますが、

こちらも相談してみましょう。

 

 

人間関係に悩んでいる

 

病院に限らずですが、入職される前に

1~2日体験入社をするとなんとなく把握できます。

 

少人数の薬剤部になると人間関係に行き詰まる方もいらっしゃいます。

病院には他の医療従事者も多い為、

そちらでコミュニケーションを多く取るようにしましょう。

 

人間関係については上司に相談しても解決しないことが多いです。

 

 

まとめ

 

病院薬剤師の悩みについて書いていきました。

一人一人悩みは違いますが、病院での経験は確実に

薬剤師としてのキャリアに活きてきます。

 

なにかあればお気軽にご連絡ください。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!