泣くのは誰?知らないと損をする!薬剤師の現状と転職

[最終更新日]2018/09/11


泣くのは誰?知らないと損をする!薬剤師の現状と転職

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

今日は薬剤師の現状と転職について書いていきます。

「今は良くても10年後は・・・」といった内容です。

 

結論を先に書いておくと、現状薬剤師は不足しています。

若いうちはあまり影響がないですが、転職回数が増えすぎたり、

スキルアップを怠ると行き詰ることがあります。

 

 

現状でも薬剤師は不足している

 

薬剤師は現状でも不足しています。

 

平成 18 年度と 25 年度の求人倍率 – 厚生労働省

平成18年に7.28倍だった求人倍率が平成25年に10.05倍となっています。

7年たって不足は深刻化しているということです。

 

25年から少したっていますが

劇的に不足が解消されていることは考えづらいです。

 

 

スキルとキャリアは重要

 

「求人がたくさんあるなら大丈夫では?」

と思われる方もいらっしゃいます。

しかし残念ながらそんなにうまくはいきません。

 

5~10年前までは

「薬剤師であればだれでも良い!」

という時代でした。

 

半分冗談半分本気で

「薬剤師免許持ってれば、息さえしていれば大丈夫ですよ!」

という人事担当者の方もいました。

 

足りなくても和を乱す人は不要

 

しかし、コミュニケーションを重視されない薬剤師さんを採用した結果、職場の和が乱れること増えました。

「薬剤師だから」といった態度を前面に押し出す人は和を乱すことも多いです。

 

人間関係が悪化し、それ以外の薬剤師さんも辞めてしまう。

1人採用した結果、2人辞めてしまったということが頻発しました。

 

その結果、

「薬剤師は足りないけれど誰でも良いわけではない」

というのが現状です。

 

 

現状は良くても将来は?

 

和を乱す方の特徴としては

「転職回数が多い」

「スキルにふさわしくない待遇を求める」

ことがあります。

 

それは人事担当者の方も経験でわかるようになっています。

そのため、転職回数はチェックするようになっています。

 

転職回数をチェックしてみましょう

 

勤続年数を転職回数で割れば1社あたりの平均年数がでます。

(例)勤続年数20年 ÷ 転職回数5回 = 1社あたり4年

 

こちらが3年を切ってしまい、転職回数が5回を超えてくると注意が必要です。

特に男性はシビアに見られます。

 

 

スキルはなぜチェックされる?

 

スキルに見合わない待遇を求める方は和を乱す傾向があるためです。

 

ご自身が働いている職場に、

自分よりスキルが低いのに給料が高い人が入ってきたらどう思いますか?

 

恐らくその方への不満もありますが、職場への不信感も増すはずです。

結果的にその職場内で転職する決断を下す方も出てきてしまいます。

 

そのため、人事担当者の方はスキルと希望される待遇を見ています。

ご自身が求めている待遇は、現状のスキルにあう待遇なのかも確認してみましょう。

 

 

まとめ

 

薬剤師の現状と転職について書きました。

 

年齢や性別により変わってきますが、

できれば転職回数は増やさずにキャリアアップされることをお勧めします。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!