まだ大丈夫です!中高年の薬剤師さんが求人を見つける方法

[最終更新日]2018/01/10


まだ大丈夫です!中高年の薬剤師さんが求人を見つける方法 

 

こんにちは!

寿五郎です!

 

中高年が何歳を示すかによりますが、

今回は50歳以上の方を対象に書いていきます。

 

今まで72才の方までは転職の相談を頂いたことがあります。

そちらを基に書いていきます。

 

 

自分で求人を探すには少し大変かも

 

ご自身の条件にもよりますが

自分で中高年向けの求人を探すのは少し大変です。

 

通勤時間や勤務曜日などを絞ってしまうと

求人はあるけれど条件は合わないという状態になります。

 

ご年齢や条件にもよりますが、

30~50件程度連絡してみて募集があるかないかです。

 

 

エージェントに頼んでみましょう

 

エージェントに頼むと中高年の方向けの求人を探してくれます。

ただし20代・30代の薬剤師さんと比べると求人を探すのが

大変になる為、積極的に対応しないエージェントも中にはいます。

 

1週間たっても動いてくれている気配がなければ

違う紹介会社に頼みましょう。

 

 

中高年の方が気を付けること

 

今40~50代の方が70才前後まで

勤務する為に注意するべきことを書いていきます。

 

「そんなに先のことまで」

と思われる方もいらっしゃるとおもいますが記載しておきます。

 

転職が多くならないように

 

職歴が増えすぎると転職が難しくなります。

今は実感がないかも知れませんが、

60歳・65歳の順に応募できる求人がガクッと減ります。

 

例えば60歳で同じくらいの経験がある

薬剤師さんが2名いらっしゃるとします。

 

お一人は職歴が5社。

もうお一人は職歴が10社。

正直、10社の方はかなり厳しいです。

特に正社員でご自身のご希望通りの年収がもらえることはかなり難しくなります。

 

20代や30代での転職であればまだしも、

40代や50代で転職を繰り返されていると、

「うちの職場に入っても辞めるだろう」

と判断されることが多いです。

 

OTCについて

 

「ドラッグストアなら働けるでしょう」

そう思われる中高年の薬剤師さんがいらっしゃいます。

 

比較的、65才前後まで採用してもらえる

ドラッグストアですが経験者のみとなります。

 

60才を過ぎた方ではOTC・調剤の経験がともにないと厳しいです。

調剤併設のドラッグストアが増えている為、未経験者の時点で不採用というケースは多いです。

雇い入れる職場としてもゼロから業務を教えるのは難しいと判断されます。

 

 

調剤薬局

 

地方であれば薬剤師さんはまだ不足しています。

注意して頂きたいのは先ほどと重なりますが職歴です。

 

転職を繰り返す方がいらっしゃいますが、

転職が多いのか少ないのかで大幅に変わります。

 

中高年の方も転職はなるべくしないようにしましょう。

また中高年の方で調剤経験がない方は

早めに調剤経験をつんでおくことをお勧めします。

 

 

まとめ

 

中高年の方が求人を探すコツを書きました。

 

これからも10年、20年と勤務されたい方は

転職をなるべくしないように慎重に職場を選んでみてください。

 

私もエージェントです。

お気軽にご連絡ください!

では。


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!