【必読】30歳の薬剤師だと年収はこれくらい!教えちゃいます。


こんにちは!

寿五郎です!

 

今回は30歳、薬剤師さんの年収についてです。

ご自身の年収と比較してみてください。

 

 

30歳の薬剤師の年収は

 

エリアや会社規模によるのでおおまかな平均としてみて下さい。

 

調剤薬局  年収450万円前後
ドラッグ  年収500~600万円
病院    年収350~420円(療養型は+50万円程度)

製薬会社だとポジションと企業規模によるので難しいですが、

高い人だと600~700万貰っています。

 

もしよければドラッグストアの年収ランキング

調剤薬局の年収ランキングも読んでみてください。

 

 

今後コンスタントに年収を上げていくには

 

基本的には大手製薬会社や公務員の方は勤続していけば上がります。

 

出世も大事ですが、勤続していると

それだけで他の職場ではもらえない金額を貰うことができます。

 

他の方ももちろんそうですが、

いかに長く勤められるかをポイントにおきましょう。

 

それ以外の方も勤続することによって上げるか、

転職などのキャリアアップによって上げるかになります。

 

 

長く勤める場合は昇給率に注意!

 

勤続によって上げたい方は下記をご覧ください。

「薬剤師の年収事情はこれで完璧!!」

昇給率について詳しく書きました。

 

1年勤続して昇給がゼロ円ですと20年勤続してもゼロ円の場合があります。

 

「既に年収が高い」などなにか事情がある方は別ですが、

周りの方と比較しても給与や待遇が変わらない方はなにかあるかもしれません。

人事の方に確認してみましょう。

 

職場によってはエリアマネージャーなどの

管理職になったらドンと年収が上がるところもあります。

役職手当などがつくことにより年収がアップします。

 

 

給与があがりづらい業種

 

ドラッグストアと病院です。

 

ドラッグストアは入社時の給与が

他の業種よりも高いため、給与の伸びがあまりないです。

 

病院に関しては初めからそこまで給与は高くないですし、

給与がきっちり決まっているので大幅な昇給というのは見込めません。

しっかりしている病院はほとんど給与規定があります。

 

 

年収を上げるにはどうしていけばいいのか?

 

30代で調剤経験がない方は調剤経験をつみましょう。

これがあるのとないのとだと今後の人生が大きく変わってきます。

理由は万が一転職をしなければいけなくなった場合の選択肢の問題です。

 

調剤薬局はドラッグストアの何倍かあります。

こちらが転職時に選択肢として残らないというのは少し厳しいです。

 

また40代、50代となった際に調剤経験がないと転職のハードルがぐっとあがります。

もしまだ調剤を経験されたことがない方は30代のうちに経験できるように交渉してみましょう。

 

 

まとめ

 

30代は、業種によりますが長期間勤めるべきか、

転職をするべきかを考えるポイントとなる年齢です。

 

参考にしてみて下さい。

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

お客様の声

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由