覚悟はお持ちですか?50代の薬剤師さんが派遣で働くリスク

                         

[最終更新日]2017/10/02


覚悟はお持ちですか?50代の薬剤師さんが派遣で働くリスク

 

こんにちは!

今回は50代で派遣を考えている薬剤師さん向けに書いていきます。

 

結論を先に書くと、

60歳を過ぎても働きたい方は派遣は止めておきましょう。

60歳以降に勤務されない場合は派遣でも良いかと思います。

 

 

派遣は最後の砦

 

50代の薬剤師さんにとって派遣は最後の砦です。

まずは正社員、パートで探しましょう。

 

「派遣は時給が高いから」という理由で派遣を選ばれる方もいらっしゃいますが、

派遣会社への支払いが高額になる為、良い印象を持っていない法人が多いです。

 

ご自身が時給3000円であれば、派遣会社へは時間4000~4500円の支払いです。

そのため、「派遣」という経歴だけで嫌な顔をされる方も中にはいらっしゃいます。

 

なぜ最後の砦なのか

 

派遣もOKな職場は末期的に人が足りていない職場だからです。

そのため、高額な支払いをしても募集をかけています。

 

直接雇用の方が見つかれば契約満了となることがほとんどです。

派遣以外の働き方で探してみても受入先が見つからない場合に検討することをお勧めします。

 

 

60歳以上は受け入れ先が減る

 

60歳以上となると、応募可能な職場が減少します。

職歴によりますが、50代の頃に応募できる数の10分の1程度となります。

 

65歳以上は職歴も関係ありますが、

50~100社連絡をして応募可能な職場が1~2件です。

 

そのため、本来であれば50代の頃から働き始め、

60代になっても引き続き雇用していただけるように努めるのがベストです。

 

60歳以上も働くために

 

50代で勤務されている職場で評価をされることが重要です。

「本来60歳で定年だけど、○○さんは今までお手伝い頂いたので引き続きお願いします」

といわれることがあります。

そのような形がベストです。

 

 

50代でも派遣契約は突然終了する

 

50代でもそれ以外の世代でも派遣は突然契約満了となります。

基本的には3か月または6か月ごとの更新です。

 

契約打ち切りは1~2か月前に教えてもらえますが、

その間に就職活動をするのは大変です。

 

結果的に派遣契約が満了し、

それからお仕事を探す方がほとんどです。

その間のブランク期間は給料が発生しません。

 

どれくらいで再就職できるかはわかりませんが、

1か月はかかることがほとんどです。

その分の貯蓄がなければいけません。

 

 

まとめ

 

50代で派遣をされるリスクを書いていきました。

これから派遣を検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

 

では!


就職先・転職先を探している方は、寿五郎までご連絡ください!

ブラック企業に勤めた経験がある代表が、その経験を基に真剣にお仕事をお探しします。

売上目的のお仕事紹介は行いません。

新卒で就職先に悩んでいる薬学生の方。
転職先やパートでの働き方に悩まれている方。
年収アップをすることも可能です。

また弊社のご紹介でお仕事が決まられた方は最大20万円のお祝い金をお渡します!
恐らく薬剤師の紹介会社では日本で唯一です。詳細はコチラ

匿名のお問い合わせでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

薬剤師さんの転職に強い理由

薬学生さんの就職に強い理由

就職お祝い金・お友達紹介キャンペーン実施中!